新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女子高体育会 三人の女主将

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
白い柔道着を引き剥がし、蒼い乳房を嬲りたい!
あのチアリーダー姿で剛直を咥えさせたい!
試合中の女子サッカー部員に淫具を仕込みたい!
彩華、瑠璃、和泉……美貌と人望を備えた女主将が、
悪魔の文化系少年の罠に堕ち、道場で、グラウンドで、
後輩の目の前で、痴態をさらし、屈辱の絶頂へ!!

<もくじ>
第一章  主・将・脅・迫  狙われたチアリーダー
  1  誇り高き女王
  2  謝罪はイラマチオで
  3  屈辱のロストヴァージン

第二章  部・室・侵・略  野獣の餌食にされて
  1  彼氏の前で犯されて
  2  輪姦の罠
  3  新たな奴隷候補

第三章  道・場・占・拠  穢された「柔の道」
  1  柔道界のアイドル
  2  完敗した女格闘家
  3  アナル制裁

第四章  肉・棒・特・訓  調教される柔道少女
  1  柔道着の下の淫具
  2  ノーパン試合
  3  勝利のご褒美は肛交

第五章  野・獣・蹴・球  女子サッカー部に迫る魔手
  1  美しき10番
  2  堕ちたエースストライカー
  3  教え込まれる男根の味

第六章  青・春・残・酷  凌辱に染まるグラウンド
  1  顧問女教師まで……
  2  初めての双頭ディルドウ
  3  勝利のご褒美は肛交

第七章  絶・望・学・園  奴隷アスリートたち
  1  屈辱の壮行会
  2  並べられた女主将の美臀
  3  絶望に耐えながら
登場人物:
あやか(18歳)女子高生、るり(18歳)女子高生、いずみ(18歳)女子高生、きよみ(27歳)女教師
シチュエーション:
凌辱 | キャンパス・学園・大学 | 処女 | 脅迫
立ち読み
「お尻裂けちゃうっ、お願いだから、もう挿れないでっ」
「いい声ですね。いかにもレイプしてるって感じで興奮しますよ」
  玲司は聞く耳を持たず、剛根をじわじわと埋めこんでいった。
  ようやく亀頭が収まると、瑠璃の叫び声が小さくなる。一番太いカリの部分が肛門を通過したことで、痛みが落ち着いたらしい。硬直していた身体から力が抜けて、上半身が畳に突っ伏した。片頬を畳に擦りつけるような格好だ。
「ほら、先輩のアナルが僕のチ×ポを受け入れてくれましたよ」
「あうっ、だ、ダメ、苦し……うああっ」
「そんなこと言っても、嬉しそうに食い締めてるじゃないですか」
  ここまで来れば、あとは簡単だった。軽く押しこむだけで、剛根がズブズブと沈みこんでいく。それでいながら、生ゴムで締めつけられるような味わいもある。膣とはまったく異なる重苦しい感触だった。
「いや、はンンっ、お尻なんて……こんなのって……」
  瑠璃の声に甘い響きが混ざりはじめる。媚薬の効果がまだ持続しており、早くもアナル性感が刺激されているらしい。振り返って訴えてくる瞳が、呆けたようにねっとりと潤んでいた。
「いやらしい顔になってますよ。柔道部の主将とは思えませんね」
「だ、だって、こんなことされたら……」
「こんなことって、アナルセックスのことですか?」
  玲司は剛根をずっぽりと根元までねじこむと、焦らすように腰をまわしていく。そうやってペニスを馴染ませて、徐々にアナルを開発していくつもりだった。
「あンンっ、いやよ、動かさないで……ンンっ」
「どうしてです?  こうすると気持ちいいでしょう。ほら、先輩のアナルがヒクヒクしてますよ。僕のチ×ポを食べてるみたいだ」
  大きくひろがった排泄器官に、極太のどす黒い肉棒が突き刺さっている。痙攣したように蠢く肛門が、まるで咀嚼するように太幹を食い締めていた。
「それじゃあ、そろそろ本格的にいきますよ」
  まずはゆっくりと腰を引いて、剛根を抜きだしにかかる。しかし、まるで掃除機で吸われているように、ペニスが猛烈に吸引されていた。
「おおっ、すごいですね。僕のチ×ポがそんなに気に入ったんですか?」
「そんなはず……あううっ、引っぱらないで」
「それはもっと奥まで欲しいってことですよね。すぐに挿れてあげますから、少し力を抜いてください」
  肉づきのいい尻たぶに十本の指を食いこませて、腰をググッと引いていく。すると腸液にまみれた男根が、アナルを裏返すようにしながらヌチヌチと姿を見せた。
「ひっ……ひっ……内臓が出ちゃう、や、やめ……ひううっ」
  瑠璃が苦しげな声を漏らして、汗にまみれた柔道着の背中を震わせる。その艶めかしい反応が、玲司の嗜虐欲を刺激していた。
「ううっ、擦れてる……も、もう抜いて……」
「そんなに感じるんですか?  震えちゃうくらい気持ちいいんですか?」
  亀頭が抜け落ちる寸前で動きをとめると、意地悪く囁きかける。カリが肛門の内側に引っかかっているのを感じながら、腰を大きくまわして刺激を送りこむ。瑠璃は眉を八の字に歪めて、目尻に涙を滲ませていた。
小説の朗読 声:めぐり

めぐり

5月4日生まれ T155-B95-W60-H88                     > めぐり Twitter

主な作品として『巨乳の嫁と危険日ラブラブ子作り性活』『熱撮ドキュメント 美しい若妻の濃厚な性交』『義母奴隷 ‐特別編‐』他多数。

めぐり公式ブログ「めぐりんルンルン巡りぃ」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧