新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人妻蟻地獄〈下〉
燿子・美臀侵蝕篇

本を購入

本価格:1320(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:1519円(税込)

獲得ポイント:15pt
書籍紹介
「燿子の……燿子のアナルを、皆様で愉しんでください」屈辱に身を灼かれながら、27歳の人妻・夏木燿子は肛虐をねだった。親友・杉本恵美子の失踪を調べたがために淫魔の罠に陥り、数えきれない責め苦の果てに待っていた惨すぎる輪姦。しかし、かわるがわる菊を抉られるうちに、牝に生まれ変わりつつある身体はおぞましい愉悦に震えだす。心の支えである親友の姿もすでになく、たった一人で数十人の観客を前に恥態を晒す悲劇。無限の姦獄に囚われた恵美子と、エスカレートする肛獄に繋がれた燿子。二人の奴隷妻に、安息の日々は二度と来ないのだ。
登場人物:
えみこ(27歳)人妻、ようこ(27歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | 監禁 | 凌辱 | 輪姦 | レズ・同性愛
立ち読み
「ああ……燿子のお尻の穴、犯して……」
  泣いて言いながら、燿子は両手を自ら双臀へまわし、臀丘の谷間を割りひろげて肛門をさらけだした。
  そのまま双臀を後ろへ突きだし、ちょうど真後ろにいる輪島へ向かって一歩一歩あとずさっていく。膝とハイヒールがガクガクして、気力を振り絞らないとそのまましゃがみこんでしまいそうだった。臀丘の谷間を割りひろげている両手からも力が抜けそうになる。
「お、お願い……して……」
「してやないやろうが。奥さんが自分からされるんや。フフフ、自分から咥えるんや」
  輪島はたくましい肉棒をつかんで、意地悪く待ちかまえた。
「ああ、そんな……」
  燿子はわななく唇をキリキリと噛みしめた。
  自分から肛門に肉棒を受け入れて貫かれる……燿子にとっては全身の血が逆流し、毛穴から血が噴きでるばかりの行為だった。
(かんにんして……)
  燿子は思わず黒川を見たが、唇がわなないただけで声にはならなかった。
「グズグズするなよ、奥さん、ほれ、さっさと咥えこまねえか」
  黒川が低くドスのきいた声で言った。
  膝とハイヒールとがガクガクふるえる脚で、燿子はさらに輪島に向かってあとずさった。後ろへ突きだして臀丘の谷間を割りひろげている双臀に、輪島の灼熱の肉棒の先端が触れた。
「ああッ……」
  思わず前へ逃げそうになるのを、燿子は必死にこらえる。
  もうどうなってもいい……燿子は自分に言いきかせながら、双臀を揺らして灼熱の肉棒の先端に自ら剥きだしている肛門を押し当てていく。
  ビクッと燿子の双臀がふるえ、おびえた肛門がキュッとすぼまった。
「あ、ああ……」
  燿子は歯がとめどもなく鳴りだし、背筋がふるえ、臀丘の谷間を割りひろげている両手からも、両膝からも力が抜け落ちそうだった。
  白い歯を噛みしばって萎えそうな力を振り絞り、燿子は双臀をブルブルとふるわせてジワジワと灼熱の肉棒を受け入れはじめた。おびえすぼまっていた肛門がゆっくりと押しひろげられた。
(ああッ……こんな、こんなことって……ああ、死んでしまいたい……)
  自分から肛門を犯されるなど気も狂いだしそうだ。
  だが燿子には、いっときも早く肉棒を受け入れ、肛悦の快美に狂ってなにもかもわからなくなってしまう以外に、この地獄から逃れる道はないのだ。
「もっと思いきって押しつけねえと入らねえぞ」
「フフフ、わしのは太いからな。オマ×コで奥さんにもわかっとるはずや」
  黒川と輪島が意地悪く言った。
  燿子は白い歯並みを剥きだしにして、ブルブルと双臀のふるえをさらに大きくしながら、必死に輪島を受け入れようとした。押しひろげられた肛門は、もう張り裂けんばかりに拡張されて、ジワジワと灼熱の肉棒の頭を呑みこもうとしていた。
「あ、あむッ……う、うむむ……」
  生々しいうめき声とともに、燿子の肛門は肉棒の頭を呑みこんでいく。ゆっくりとまるで軟体動物のように、スローモーションでも見るみたいな蠢きだ。
  肉棒の頭を呑みこんだ瞬間、燿子はひいッと高く泣いて動きをとめた。もうそれ以上自ら深く受け入れていくことはできない。
「か、かんにんして……もう、もう……」
  燿子はうめくように言ったが声にならず、噛みしめた口がパクパク動いただけだ。
小説の朗読 声:逢崎 みゆ

あいざき みゆ

魚座・A型1975年3月3日生 160-B85(D70)-W58-H86

趣味:マンウォッチング・芸術鑑賞

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧