新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美肛伝説

本を購入

本価格:975(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:1210円(税込)

獲得ポイント:12pt
書籍紹介

これは悪夢なのか現実なのか。玲子が目を覚ますと、無惨にも両手首は縛られ、全裸に剥かれた肌に男たちの舐めるような視線が這っていた!!  恐怖と絶望に震える玲子の双臀をヌメヌメと悪鬼の指が縫う。幸福な家庭から引き離され、堕とされたのは、麗しき人妻たちを嬲りつくし貪りつくす凌辱鬼たちの棲む魔窟。穢れなき菊門には浣腸液がそそがれ、二穴を同時におぞましき肉棒で塞がれる。媚肉を思うさま抉られて、嗚咽しながら、覚えてしまった忌まわしき快楽、終わりのない愉悦。生贄は人妻。標的は美肛。ここまで惨く犯された女はいない!……

登場人物:
れいこ(28歳)人妻、あきこ(-歳)人妻、ゆきこ(-歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | 張型(バイブレーター) | 凌辱 | 浣腸 | 監禁
立ち読み

「いやッ……たすけて、あなたッ……あ、あなたッ……」
  身体中の血が凍りつくような戦慄が玲子をおそった。
  小島の肉棒の先端は玲子の肛門に押し当てられて、押し入る気配を見せた。
「ち、ちがうッ」
「ここでいいんです、ヒヒヒ、ご主人の前で奥さんは肛門セックスをするんですよ」
「そ、そんな……」
  便意はもう耐えられなくなるほどに荒れ狂っている。
「そうそう、奥さんはまだアナルバージンだったね。肛門セックスを教えてあげますよ。もっと肉の味がよくなるようにね」
「いやあッ」
  トイレに行くことを哀願する余裕もなく、玲子は絶叫した。
  狂ったようにもがいたが、肉棒はジワジワと玲子の肛門を押しひろげてめりこんでくる。
  引き裂かれるような苦痛、肛門を押しひろげられることで一気にかけおりようとする便意、それを押しとどめて栓の役割をする肉棒。
「う、うむ……裂けちゃう……ううむ……」
「自分から尻の穴を開いて受け入れるようにするんだ」
  さすがに小島も声がうわずった。
  厚次と達也は玲子の乳房をいじり、媚肉をまさぐって肉をとろけさせ、小島が押し入りやすいように協力する。
「ああッ……う、うむむ……」
  たちまち玲子はあぶら汗にまみれて、ブルブルと肉をふるわせながら、ひいひいと喉を絞った。
(た、たすけて、あなたッ……こわい、ああッ……こわいッ……)
  引き裂かれる苦痛。便意の苦痛。玲子は口をパクパクとあえがせた。
  玲子の肛門はいっぱいに押しひろげられて、頭を少しずつ呑みこんでいく。もぐりこむたびに押しとどめられた便意が逆流させられ、玲子は何度も悲痛な声を放った。
  肉棒の頭がもぐりこむと、あとはズルズルと根元まで埋めこまれた。
「思ったよりスムーズに呑みこんだじゃねえか、奥さん。串刺しってのがぴったりのながめだぜ」
「初めてだってのに、うれしそうに咥えてやがる、へへへ」
  厚次と達也はニヤニヤと結合部を覗きこんだ。
  からかわれ覗かれても、玲子は反発する余裕もなくキリキリ唇を噛みしばり、息も絶えだえにあえいだ。
(ああ……こんなことって……ゆるして、あなた……ああ、ううむ……)
  玲子はまともに口をきけず、胸の内で叫んだ。

小説の朗読 声:風間 今日子

かざま きょうこ

158-B98-W58-H86

主な作品としてVシネマ『飼育2』『人妻玲子 調教の軌跡』『新人受付嬢』『日本暴力地帯4』『借王3』、ドラマ『世紀末の詩』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧