新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

働く綺麗なおばさん
美臀に魅せられて

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

(恵子さん、本当にいいお尻をしてるよなあ)
脚立に乗って電球を交換する女管理人のむっちり美尻。
熟女が見せるふとした「隙」が勇作の劣情を募らせる。
園長先生、専属家政婦、ハーフの補整下着モデル……
働く淑女をひと皮剥けば、フェロモン漂う大人の女体!
舐めてしゃぶって味わって……ここは完熟パラダイス!

●もくじ

プロローグ

第一章 エアコンが壊れた夏、
女管理人のフェロモンに導かれ…

第二章 ジャージ姿の下に秘められた
園長先生の煽情下着

第三章 魅惑の裸エプロンで施される
専属家政婦の淫らなご奉仕

第四章 39歳のボディスーツも悩ましい
ハーフの補正下着モデルと

第五章 再会した弁当屋の看板娘が
美熟妻になっていたなんて

エピローグ 

登場人物:
けいこ(-歳)未亡人、あやこ(-歳)その他、さなえ(-歳)家政婦、まりあ(-歳)モデル・コンパニオン、なつこ(-歳)その他
シチュエーション:
誘惑・挑発 | エプロン | 再会
立ち読み

「やだわ、そんな顔して。やっぱり、おばさんにこういう格好は似合わないかな?」
「そ、そんなことないです! とっても、めちゃくちゃよく似合ってますよ!」
  早苗はエプロン姿だった。ただし、下にはなにも着ていない。一枚きりの真っ赤なエプロンは、ミルクのように滑らかな早苗の肌の風合いとよくマッチし、全裸以上にその肢体を艶かしく演出している。剥き出しの尻の奥に、花園が見え隠れする様子も、猛烈に勇作を興奮させてしまう。
「めちゃくちゃ似合うのもどうかと思うけどな。でも、ありがと。この前に見たDVDの中に、こういうのがあったから、ちょっと真似してみたの。高野さんって、こういうのがご趣味なのね?」
  見た瞬間に股間を膨らませてしまった勇作に気づき、早苗は頬を染めつつも、エプロンの裾をまくってみせた。
「あ、あぁ! お、おま×この毛が見えました!」
  真っ白い股間に、綺麗に整えられた茂みが姿を現し、勇作の目をいっそう大きく見開かせる。乳首が浮いた胸元も堪らない。
「もう、毛くらいでそんなに興奮しないで。じゃ、今度はあなたの番よ? 私をビデオの女優だと思ってしてみせて。ああいうものを見ながら、高野さんがどうなさってるのか知りたいわ」
「そ、そんな、女性に見せるようなものじゃありませんよ」
  言いながら、勇作は猛烈にしごきたくなっている。なにしろ、この前の裸エプロン物の女優より、早苗の方が何倍も魅力的なのだ。
「そんなこと言わないで。せっかくお近づきになれたんだから。ね?……」
  勇作に近づいてきた早苗が、その首筋に口づけしながら、膨らみきった股間を撫でる。ゆっくり、しかし巧みに、勃起しきった裏筋に沿って指先を滑らせる。
「あぁ……うぅ……そ、そんな風にしないで……くだ……さひ……うぐう」
「だったら、自分でして見せて。ね? 私も協力しますわ」
  耳元に囁きながらズボンを脱がしていく早苗。ブリーフは勇作が自分で脱いだ。例によって、びいん!……と、ばね仕掛けのおもちゃみたいにそそり勃ったち×ぽは、すぐさま早苗の手に握られた。ゆっくり誘うようにしごきはじめる。
「さぁ、して見せて。こういう風に……私をおかずに気持ちよくなって」
  勇作の手を誘い、握らせると、早苗は少し距離を取った。
「エプロンをつけているのだから、やっぱりこういう姿勢がいいのかしら?……」
  早苗はシンクに手をつくと、ぐ……と、勇作に向けて尻を突き出す。むちん……と、尻肉が揺れながら丸みをいっそう張り出して割れ目を広げ、二つの穴を見せつけた。
「あ、あぁ……ま×ことアナルがま、丸見えになって……ごくり。は、裸エプロンでこんな格好するなんて、早苗さんはエロ過ぎます!」
  辛抱堪らなくなった勇作は、女性の前だというのに、夢中でオナニーを始めてしまう。すでに反り返るほどになっているものを、大きく早くしごきたてては、苦しげにうめく。ほどなく我慢汁が手淫にぬめり、ちゅくちゅく、みちゃぐちゅ……と、鳴りはじめ、早苗の頬を羞恥に赤く染めさせる。
「あん、せっかちなんだから……でもすごいわ、私を見ているだけで、そんなに興奮してしまったの? あぁ、おち×ぽが赤黒くなって今にも弾けそう……あん、そんな、汁でしごくなんていやらしいわ」
  振り向いて勇作を見つめながら、早苗は忙しなく唇を舐めては、切なそうな溜め息をついてる。勇作のしごく動きにつられるように、自ら腰を緩やかに振る。むち、ぶるん、ずしん……と、肉感たっぷりの双丘が踊る。揺れる尻肉の狭間で、くちゅ……と、ま×こが汁音を立てた。丘から垂れる汗を吸って、アナルが皺を際立たせている。

小説の朗読 声:範田 紗々

はんだ ささ

4月18日生まれ T158-B90-W59-H82

主な作品として『ホームジャック』『殺し屋・蘭 美しき処刑人』『過激派オペラ』『いびつ』『凶悪』『ぐちゃぐちゃ』『ホームジャック リバース』、写真集『紗々‐sasa‐』他多数。

範田紗々のジャイアントパンダ日記
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧