新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

僕のひとり暮らし
隣の未亡人VS.義母

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「ねえ教えて、おせっかいな熟女はお嫌い?」
耳元に囁き圭一のいきり立った硬直に指を這わせ、
我慢汁をまぶし優しくしごきあげる未亡人・友美。
熟れきった隣人の魅力にどっぷり溺れるひとり暮らしに、
上京した息子を心配する過保護な義母・真知子が訪れ……
狭いワンルームがおいしい修羅場に――最高のハーレム開幕!

●もくじ

第一章 押しかけ未亡人
ひとり暮らしは「初体験づくし」

第二章 過保護すぎる義母
息子の乱れた性生活が気になって

第三章 競い合う献身性技
決戦はバスルーム!?

第四章 甘えっぱなしの僕は…
青い欲望を慰めてくれたひと

第五章 ずっとこのままでいたい
仲直りの濃厚3Pハーレム

第六章 期間限定の三角姦係
淫蕩ざんまいの旅

エピローグ 大人の扉 

登場人物:
まちこ(36歳)義母、ともみ(33歳)未亡人、ちさと(22歳)年上女(若)
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 手ほどき | 押しかけ | 献身 | 母子相姦
立ち読み

「あぁ……本当に……圭一さんが……あぁ……入ってる……私の奥まで……」
  真知子は言葉にならない。初めての挿入の感動は、真知子の想像をはるかに超えていた。無理もない。十年以上も待ったのだ。感極まって、涙さえ浮かべている。
(初体験より素敵かもしれない……あぁ……この感動、絶対に忘れないわ)
  もちろん圭一も、義母との初めての交わりに感動している。憧れていた義母と、自分はいま一つになっているのだ……と、思っただけで、吐精衝動にち×ぽが震え、嬉しさで総毛立ってしまう。
「あぁ、義母さん、入ったんだね? 僕のち×ぽ、本当に義母さんのおま×この中にいるんだね?……うう」
  訊いただけで、また圭一は出しそうになって唇を噛む。出したところで続けるのは容易いが、初挿入の感動をもう少し味わっていたかった。
「そうよ。圭一さんは今、義母さんのおま×こに入っているの。根元までぜんぶ」
  ほら……と、潤んだ瞳で息子を見つめながら、義母はその手を二人に誘う。それぞれの指が、交わっている男女の性器をまさぐる。
「本当だ……義母さんの花びらが、僕の根元に押し潰れてる……あぁ、先っぽになにかぶつかってるみたいだ……子宮?」
「きっとそうね。圭一さんはとても立派だから……あぁ、あなたのどきどきがわかるわ……膣襞にはっきり……」
  目を閉じ、義母は腰を緩やかに揺らした。ま×この角度が変わり、二人が同時に低くうめく。時間差のない歓びが、繋がっていることを二人に実感させる。
「これからは、義母さんじゃなくて真知子さんだね。僕の真知子さんなんだね」
  感動を隠せぬ口調で圭一は呟き、甘えるように乳房に顔を埋めてくる。
「私はなんて呼ぼうかしら?……やっぱり圭一さんね。あなた、じゃ奥さんみたいだもの」
  乳房の間に、圭一の顔を押しつけると、その後頭部を優しく真知子は撫でてやる。一つになった感じが強まり、幸福感が増してくる。
「そうだね。いつかはそう呼んで欲しいけど……呼んでくれるかな?」
  息子の言葉を、義母は聞こえない振りをしてしまう。
(ごめんなさいね……圭一さんの気持ちを疑うわけじゃないけれど、やっぱりまだ勇気が出ないの……)
  すでに三十路の半ばを真知子は過ぎた。四十の大台は目の前だ。若い圭一が、その頃も同じ気持ちでいる保証はどこにもない。感情にまかせた約束を交わして、あとで息子を苦しませたくなかった。
(でも、私の気持ちは本当よ? だからせめて、今はそれを圭一さんに知ってもらいたい。私の気持ちのありったけを受け止めて欲しいの……)
  刹那的な感情に、珍しく真知子は支配されている。そして、先のことがわからない不安ゆえに、真知子は大胆になっていくのだった。
(私のおま×こでうんとよくしてあげるわ。彼女を忘れてしまうくらいに……)
「……」
  上になっている圭一の胸に、真知子は顔を近づける。可愛く勃っている乳首を吸う。吸いながら腰を、ゆっくりくねるように揺らしはじめる。
「あぁ、こうすると、圭一さんがとっても擦れて……感じちゃいます……圭一さんはどうですか?……ふふ、乳首が、おち×ぽに負けないくらい勃起してますわ」
  結合部分を見せつけるように、恥丘が上へ下へと動くたび、ぐぽ、ぐぢゅ、ぢゅく……と、我ながら恥ずかしいほどの汁音が響く。もちろん歓びは言わずもがな、乳首を舐めている真知子の呼吸も、次第次第に甘くなる。

小説の朗読 声:古川いおり

こがわ いおり

9月25日生まれ T155-B83-W58-H88 主な作品として『はんなり和美人家政婦』『古川いおりが好きすぎて 古川いおりが彼女になってた』『俺の名は古川いおり。』『Iori Australia Dream』他多数。

古川いおりOfficial Blog「彩りの散歩道」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧