新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

離島のしたがり熟女
未亡人兄嫁&独身女医

本を購入

本価格:694(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「お願い、早くください。これ以上焦らさないで」
四つん這いの未亡人兄嫁が美貌をシーツに擦りつけ、
濡れた女陰を奥まで晒し卑猥に腰を揺らし挿入をねだる。
兄の三回忌で久しぶりに帰省した故郷は、性の楽園。
美しくなった幼なじみの女医まで完熟ボディで迫ってきて……
孤島の熟女が、これほどまでに飢え、いやらしいなんて!

 

●もくじ

 

序章

 

第一章 待っていたほしがり兄嫁
1 憧れのひと 2 お風呂で
3 島の夜


第二章 幼なじみのおねだり女医
1 法事の朝 2 美しくなった元カノ
3 岩場の陰で 4 喪服はだけて

 

第三章 孤島のやりすぎ儀式
1 赤褌の海女 2 儀式の行方
3 臨時診察 4 玉裏に仕掛けた罠

 

第四章 甘く切ないほろにが交合
1 嵐の予感 2 キスマーク
3 最後の交わり 4 今だけでいいから

 

第五章 僕だけのしたがり熟女
1 うらはら 2 言葉の代わりに
3 尽きぬ勃起 4 契り

登場人物:
なおこ(39歳)兄嫁、ゆりえ(30歳)女医
シチュエーション:
誘惑・挑発 | 風呂 | 喪服 | 帰郷
立ち読み

「お願いです。早く裕也さんをください! これ以上焦らさないで! あなたの硬く勃起したち×ぽで、私のま×こをよくしてください!」
 日頃の穏やかさもどこへやら、濡れたま×こを奥まで晒し、卑猥な言葉でち×ぽをねだる義姉を目の前にして、裕也が我慢しきれるはずもなかった。
「ああ入れます! 義姉さんのエロま×こにち×ぽをブチこみますう!」
 痛みを感じるほどに猛り狂った屹立を、自分で押し下げ水平にすると、女汁でぬめる義姉の花園を一思いに貫く。
「ああきたああ……ひぐ……こ、擦れてますう! ひい!」
 二人きりの部屋に、ぐぢゅぶぢゅみぢょぉ……と、ち×ぽがま×こを貫く湿濡音が響くと同時に、四つんばいの奈央子が、美貌をシーツに擦りつけながら絶句した。より深い挿入をねだるように突きあがった尻が、見る間に歓喜の汗に濡れ、根元までち×ぽを入れられたま×こが、ひく、ひくぴく……と、濡れた花弁を痙攣させた。
「あ……く……ま×こがめちゃくちゃ熱くぬめって……もうたまりません!」
 一つになったのもつかの間、義姉のま×この甘さに誘われ、裕也が猛然と抜き刺しを始める。豊かな尻がつぶれるほど強く握り、ち×ぽの根元に叩きつけるようにして、子宮まで貫く勢いで、熟れたま×こを責めまくる。
 性急な、若く激しい抜き刺しも、今の奈央子にはちょうどよかった。
「そ、そうよ! これ、これなの! これが欲しかった……ひい! ふ、ふかひ! 刺さる! お、奥まで来てるのおああいくう! ひぎい!」
 自らも熟れた裸身を振りたてて、ま×こに角度をつけてち×ぽに合わせる。違う部分に擦れるたびに歓喜し、奥まで貫かれるごとに言葉を失う。もちろん全身汗みどろで、俯いた乳首の先から、雨だれのように滴っている。
 今が淫ら盛りの義姉は、裕也を猛烈に興奮させている。いっそういきり勃ったち×ぽを、なおさら濡れたま×こに入れては、エラで膣を抉るように抜く。
「ふふっ、さっきからイキまくりじゃないですか。義姉さんは大人しそうな顔をして、案外……いや、めちゃくちゃスケベな方だったんですね。ほら、こうしたらどうですか? ま×こいいですか? またアクメしちゃいますか?」
 弾けそうに盛ったち×ぽとは裏腹に、その口調には余裕がまだある。さっきの三度の射精のおかげだ。じゃなければ、入れた瞬間に出していた。
 対照的に、奈央子はまったく余裕がない。立て続けのアクメのせいで、むしろ女が敏感になってしまった。
「あぁぁん、裕也さんの意地悪! そんな風に刺激したら……うぐう! ひ、た、立て続けにイクう! ああだめまだイク! い、イキまくってしまふう! あう!」
 ま×こを掻き回すように責められ、背中を反らせてアクメする。四つんばいの股間から、びゅるっ、びしゅっ、ぴしゃあっ……と、ま×こが潮を噴き散らし、シーツにいくつも染みを作る。
「も、もう堪忍してくださひ! あう! ひい! せ、せめてすこひぐう! やふっ、やふまへてへ! イグう! あうぐ!」
 涙の浮かんだ目で、裕也に奈央子が懇願する。
「駄目です! 休ませてあげません! だって義姉さんのおま×こ、こんなにエロくなってるじゃないですか! 僕が射精するまで……いや、勃たなくなるまでハメまくりますからね!」
 言いながら、膣から抜かれた裕也のち×ぽは、これ以上ないほどに盛り、天を目指してそそり勃っていた。振り返って見た義姉が、あまりの雄々しさに息を呑み、ごくり……と、喉を鳴らした。
「そんなものを見せられたら私まで……あん、もう好きになさって結構です! 裕也さんが飽きるほど放ってください! 白いお汁で膣を満たしてえ!」
 淫らになった気持ちにまかせて、奈央子は自ら女を開いた。膣口が広がり、左右の襞に粘汁が、ぬと、お……と、長く伸びたのを見て、今度は裕也が生唾を呑む。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧