新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

壊さないでください
蔵の中の義母と叔母

本を購入

本価格:763(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「こんなこと許されない……私たちは母子なのよ」
むっちりした雪尻のあわいに押し入る幸太郎の巨魁。
拒絶の意志に反して湧く快感、頬を伝う絶望の涙。
美人キャスター、インテリ女教授を征服した少年は、
清楚で知的な義母・紫乃を襲い、従順な性奴隷に!
蔵の中で続く調教劇──さらなる獲物は未亡人叔母!

 

●もくじ

 

序章

第一章 悪夢 蔵の奥の秘密
1 かすかな疑念
2 暴かれた本性 

第二章 淫獣 犯される義母
1 剥かれた牙
2 ここではやめて

第三章 肛虐 牝への儀式
1 生き恥
2 屈辱の責め
3 愉悦にまみれて

第四章 姦罠 新たなる標的
1 美人経営者の憂鬱
2 危険な媚薬
3 悪魔の申し子

第五章 支配 服従する未亡人叔母
1 遺影の前で
2 亡夫との別離

第六章 嬲蔵 狂い啼く美姉妹
1 相性のいい身体
2 日常の快美
3 Gスポット
4 禁断の楽園で

終章

登場人物:
しの(-歳)義母、ふみか(-歳)叔母・伯母、けいこ(-歳)キャスター、まい(-歳)教授・助教授
シチュエーション:
凌辱 | 肛姦 | 浣腸 | 張型(バイブレーター)
立ち読み

「さあ、始めようか?」
 背後に回った幸太郎が腰を落とし紫乃の尻タブをググッと大きく左右に割り開き、菊門を揉みこみながらペロペロと熱い口吻をネットリと降らす。身をくねらせた紫乃は、腰回りにジーンと甘い痺れが走るのを感じて思わず天を仰ぎ見る。だが次の瞬間、アッ! と声を出した。
 大きく晒された腋窩の下から腕を回し、薔薇の装飾の施されたウエディングドレスの胸元をたくしあげ、プルプルと震える豊乳を掬いながら、幸太郎が大きく屹立した肉塊の先っぽを紫乃の肛孔に押し当てたのだ。肛門の執拗な揉みこみ、それに続くあのおぞましい浣腸、愛おしげにたった今施された口吻。そして、肛門に当てられた幸太郎の禍々しい剛直……。
「あなた、まさか!」
 顔を後ろに捻り、蒼ざめた表情でそう大声を出す。
「そうだよ。ヴァギナは親父から結婚初夜に破瓜されたのだろう。となれば僕たちが結婚する今日、僕が破瓜できるのは紫乃のアナルしかないじゃない。それに浣腸でここは綺麗になっているし、準備万端さ」
 そう言いながらいったん押し当てた肉棒を離し、自分の太竿、紫乃の肛門に潤滑ジェルをゆっくりとタップリ塗りこんでいく。そのひんやりとした感触がこのあと続くと思われる幸太郎の行為を想像させ、紫乃は奈落の底に突き落とされた気分になって、
「……そんな無茶な……私のお尻を使うなんて……」
 狼狽して涙声になる。
「だから大丈夫だって。付き合っている女性は僕に開発されてお尻の穴でのセックスが大好きになったのさ。紫乃が覗き見したビデオでもそうだったでしょ。それに僕の優しさ、このジェルには痛みを和らげる麻酔薬も入っているんだよ」
 肛肉に陰茎を押し当てる。悲鳴をあげた紫乃だったが、アナルセックスで狂い啼いていたあの女たちの様子を思いだした。しかし、まさか自分が、と信じられない思いだった。
 悪魔の子、幸太郎はそんな義母の恐怖、戸惑いなど、どこ吹く風のようで、メリメリと若茎の先っぽが熟義母のアナルを縫いこんでいく。
「……い、痛い……ヒイイイッ!……い、痛い。やめて! こ、こんなこと! 獣みたいなこと!」
 経験したことのないあまりの激痛に気も失わんばかりに身悶えする。
「痛いのかい? ふふふ、破瓜される女はみな痛がるさ。でもそれで僕に屈服して、最後には身も心も虜になっていくんだよ」
 耳朶を甘噛みしながらさらに紫乃の肛道に侵入していく。
「……いや、嫌よ! もうやめて! しないで! もうしないで! い、痛い!」
 目の眩むような痛みと共に、便を放りだす排泄器官を侵されている、という禁断の感情が紫乃を激しく狼狽させ、官能を揺さぶられることにも動揺するのだった。
「ふふふ、さあ、根元まで入ったよ。いいかい、ここはね、前とは違ったA感覚ともいうべき愉悦を味わえるんだ。もう少しだよ」
 そう優しく口にし、また緩やかに執拗に紫乃の豊かに張りきった乳房を揉みあげる。
 苦悶の表情になり、額には脂汗をびっしょりと浮かせて、腰部に走る激痛に必死に耐える。
(ああ、どうして、私が、どうしてこんな目に……)
 娼婦のようなどぎつい化粧をし、夫婦の大切な思い出の詰まったウエディングドレス姿で無惨に凌辱される自分が惨めで悲しく、幸太郎を殺したい、とまで思う。
 紫乃は差しこまれた肉竿が揺さぶられるたびに全身を貫く激痛のせいで、ついに涙が頬を伝い、アイラインが流れ落ちだす。
「ああ、も、もう、堪忍して……。お願い、抜いて……。こ、こんなことしないで……。紫乃の、紫乃のお尻が壊れるわ……抜いてください……お願い……」

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧