新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女教師いいなり奴隷【完全版】

本を購入

本価格:1477(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:1477円(税込)

獲得ポイント:14pt
書籍紹介

私は教え子の肉玩具にされました

(どうして淫らな命令に逆らえないの?……)
学園のマドンナと呼ばれ、正義感あふれる27歳が
教え子の肉棒を埋められ、校内でさらす痴態。
深層意識に仕込まれた暗示が暴く女教師たちの牝性!

 

●もくじ

 

女教師いいなり奴隷

第一章 操 狙われた四匹の女教師

第二章 従 暗示を仕込まれた聖職者

第三章 堕 人妻女教師は夫の前で……

第四章 酷 先生に躾ける「牝の作法」

第五章 枷 新任女教師・Mの覚醒

第六章 狂 催眠学園ハーレム

 

女上司いいなり肉玩具

第一章 罰 なまいき女課長に性裁を!

第二章 辱 清純新入社員の穴奉仕

第三章 贄 29歳の美臀は出世への供物

第四章 罠 新たな標的はインテリ嘱託医

第五章 晒 人妻上司に種付け調教

第六章 戒 反抗的な社員にお仕置き

第七章 孕 社内奴隷牧場

登場人物:
みさき(22歳)女教師、りょうこ(27歳)女教師、きょうか(32歳)女教師、れいこ(38歳)女教師
シチュエーション:
凌辱 | 肛姦 | 体育館・プール | 露出(下着・水着・裸)
立ち読み

「ほら、触ってみろよ、先生」
 あお向けになった美咲の片手をとり、拓磨は自分の股間に導いた。
「これが先生の大切なところに入るんだ」
「ヒッ……」
 繁茂した剛い陰毛、その中心にふてぶてしく勃起した男性のシンボル。無理やりに握らされた少年の硬さと逞しさに、美咲は小さく悲鳴をあげた。彼女自身の甘い唾液にヌラヌラと濡れて、グロテスク極まりない触り心地だった。
「いやッ」
 火に触れたように、美咲は手を離した。
「今はいやでも、すぐ好きになるさ」
 拓磨は自信たっぷりに言うと、膝立ちになって女教師の両足を肩にかつぎ上げた。細くくびれた足首をつかんで、スレンダーな下肢を割りひろげ、体重をかけてのしかかる。
「いや、いやです、こんな恰好……」
 とらされた体位は、お嬢様育ちのヴァージンには恥ずかしすぎた。足の爪先がマットに付く過激な海老反りは、屈曲位というより「まんぐり返し」だ。ヴィーナスの丘を上品に飾る栗色の毛叢は言うまでもなく、ピンクの濡れ襞をのぞかせる縦長の割れ目から、アヌスの可憐な窄まりに至るまで、秘め隠すべき女の羞恥をあますところなく少年の目にさらしきっていた。
 だが、気も遠くなるほどの恥ずかしさも、破瓜の恐怖にはかなわない。無防備にさらした純潔股間の中心部に、勃起した男性のシンボルが触れると、
「怖い……わたくし、怖いわ……ああ、お母さま、お母さまッ」
 美咲は唇を慄わせて母の名を呼び、まんぐり返しの尻をブルブルとわななかせた。
「そら、挿れるぞ。挿れてしまうぞ」
 拓磨は一気に貫こうとはせず、清純な女教師のおびえを楽しんでいる。腰を前後に動かしながら、半ば脅し、半ば焦らすかのように幾度も肉棒をこすりつけた。肉裂の下端からなぞりあげ、今にも秘口にインサートすると見せかけるが、実際には肉棒をさらに上にずらし、包皮に埋もれた処女の官能の源泉を硬い亀頭で摩擦するのである。
「あんッ、いやッ……いやあッ」
 美咲は泣き声を高ぶらせ、クナクナと腰を悶えさせた。包皮の上からとはいえ、敏感な木の芽を何度も刺激されて、二十二歳の若い女体が平気なわけがない。
「駄目です……ううン……そんなことをなさっては……あッ、ああんッ」
 甘いすすり泣きを洩らしながら、美咲は腰の震えを大きくした。拓磨の肉棒は再び位置をずらし、潤いを増した秘裂の下端までゆっくりと下降していく。言葉とは裏腹に、甘く匂う処女蜜がねっとりと糸を引き、美咲の腰は物欲しげに悶えた。
「気分が出てきたようだな、先生」
「そ、そんなこと……そんなことありません。いやらしいことをおっしゃらないで」
「何が『いやらしいことをおっしゃらないで』だ。気どってみせても駄目だ。ほら、自分から腰を使ってるじゃないか」
 拓磨はヌルヌルになった肉溝に沿って男根の先を移動させていく。秘口を嬲り、包皮を突き破らんばかりに硬くなった女芯を摩擦した。
「クリちゃんがこんなに硬くなってるぜ」
「ううッ、もうおっしゃらないで」
 噛みしばった表情にも口惜しさが窺える。美咲はせりあがる官能の波から逃れようと幾度もかぶりを振るが、マットの上にひろがった美しい髪を乱すばかりだ。
 拓磨は焦らなかった。時間をかけ、処女の肉花が自然にほころぶのを辛抱強く待った。青い蕾を無理やり引きちぎる暴虐の喜びより、美しく開花した花弁を一枚一枚むしりとってやる陰湿な快感のほうを選んだのだ。
「ほうら、どんどん濡れてくる。ずいぶん感じやすいんだな、先生のここは」
 言葉でも嬲りながら、柔らかい肉溝に埋めたペニスで、ヌルヌルになった粘膜の内側を執拗にかきまぜてやる。
「チ×ポがとろけそうだよ、先生」
「ああんッ、ああんッ」
 せつなげな喘ぎ声と共に、美咲の腰の震えがさらに大きくなった。左右に開いたスレンダーな下肢の先まで痙攣が伝わってきて、足首をつかんだ拓磨の手にも、処女の昂奮がはっきりと感じられた。
「許して……お許しになって……」
 美咲は弱々しくかぶりを振り、唇を開いてハアハアと熱い息を吐いた。こんなふうに嬲られるくらいなら、いっそひと思いに……知らぬ間にそんな気持ちが芽生え、ふくらんでくる。
「拓磨くん……ねえッ、ねえッ!」
 昂った懇願の声と共に、素通りされた秘口が新たな花蜜を噴きこぼし、すでに充分潤っている花弁をさらにおびただしく濡らしていく。それでも──。
「いやッ! おやめになってッ」
 いざ男根の先を秘口にあてがわれると、さすがにおびえが勝ってしまう。破瓜の恐怖に駆られて、美咲は浮かせた腰をのたうたせた。カモシカのように細い足首が拓磨の手を逃れようと暴れ、パックリ開いた太腿を閉じ合わせようと抗った。
「いやッ、それだけは……それだけはいやですッ」
「往生際が悪いよ、美咲先生」
 ゆっくりと腰を動かし、熱い先走りの汁を処女の新鮮な花蜜と混ぜ合わせながら、拓磨は嗜虐の快感に酔い痴れていた。犯そうと思えばいつでも犯せる。いざとなれば入催眠のパスワードを囁きさえすればよい。その余裕があればこそ、すぐにでも女教師の処女を奪いたいという強い衝動に耐えることができるのだ。
「そんなにセックスを嫌がるなんて、まるで聞き分けのない子供とおんなじだ。その点、涼子先生は──」
「涼子……」
 美咲の腰のゆらぎがピタリと止まった。
 不思議な現象だった。ライバルである篠宮涼子の名が、入催眠のパスワードと同じ効果をもたらしたのだ。
「涼子……篠宮……涼子……」
「そうとも。保健体育の篠宮涼子先生だ」
 美咲の顔つきが変わったので、拓磨は「おやっ」と思ったが、すぐに得心してニヤリと笑った。
 高嶋礼子や鈴本京香には優越感を示す美咲だが、心の奥底に篠宮涼子にはかなわないという思いがあるのだろう。涼子の名を耳にしたとたん、感情のバランスを失い、自然と夢うつつ型催眠に入ってしまったとみえる。ならばそれを利用するまでだ。
 拓磨は美咲の耳元に囁いた。
「彼女はさすがに大人だ。美しいだけでなく、セックスも上手い。僕のオチン×ンをつかんで、優しくあそこに導いてくれたよ。ああ、涼子先生のオマ×コの素晴らしかったこと!」
「涼子……涼子先生とエッチなさったのね」
 美咲はいかにも口惜しそうだ。
「拓磨くんのオチン×ンが、あの女のオマ×コに……」
 キリキリと奥歯を噛みしばると、自分から腰をせり上げ、
「挿れて、拓磨くん! 拓磨くんのオチン×ンを、美咲のオマ×コにも挿れてくださいッ」
 と叫んだ。
 無意識の檻に閉じ込められた競争心という名の獣が、催眠の力によって野に放たれた。嫉妬と羨望が意識の表層を大きく波立たせ、理性の舵取りができなくなってしまったのだ。
「では遠慮なく──」
 せりあがった美咲の下腹に、拓磨は熱い欲情の猛りを押しつけた。いよいよ美咲のヴァージンをご馳走になる。美しい新任女教師にとって、自分が最初の男性になるわけだ。
「たっぷり可愛がってやるよ、先生」
 割れ目の中心に先端を含ませた。令嬢教師の処女を奪い、男の味を教えこんでやる。そう思うと気がはやり、背筋がゾクゾクした。柔らかい肉の感触と熱さに脳の芯が痺れた。
「負けませんわ……篠宮涼子なんかには、絶対に負けませんわ」
 つい逃げそうになる腰の動きを、美咲は懸命に押しとどめている。ライバルに負けまいとする気持ちが、破瓜への恐れに打ち克っていた。
「ほら、入っていく。分かるだろ」
「あああッ」
 美脚を大きくひろげたまま、美咲はマットの上で背を反らせた。秘口をジワジワと押しひろげ、熱い肉杭が押し入ってくる。味わったことのない痛みと拡張感に、たまらず呻き声を洩らした。
「くッ、くああッ」
「ああ、先生、素敵だ」
 拓磨は感動に声をうわずらせた。
 濡れていなければ挿入できなかったのでは──そう思わせるほど、未通の膣道は狭い。その狭隘さがいかにも処女を征服している実感を与えて、少年を喜ばせた。腰を押しつけては緩め、押しつけては緩めながら、拓磨は数ミリ単位で欲情の猛りをインサートしていった。
「い、痛ッ」
 行き止まりの感覚と共に、美咲が悲鳴をあげた。肉棒の先端が、美咲の純潔の証、つまり処女膜に達したのだ。
「つらいかい、先生?」
「い、いいえッ」
 美咲は涙目をひきつらせてかぶりを振った。
「つらくなどありませんわ。平気です。ねえ、早くなさって。美咲を拓磨くんの女にしてください」
 言葉は気丈だが、声は慄えている。篠宮涼子への強烈なライバル意識に、いよいよ女にされるという期待と不安が入り混じって、新任女教師の心は乱れた。
「じゃあいくよ」
 拓磨はしっかりうなずいた。まんぐり返しで二つ折りに畳んだ女体に、体重をかけつつ容赦なく肉杭を沈めていく。
 プチッ──。
 ゴムが切れたような感触があって、美咲が「クウッ」と咽喉を鳴らした。拓磨は構わず腰を進めていく。残忍で狂おしい征服衝動に駆られ、最奥まで一気に処女肉を貫いた。
 ズンッ!
「あぐぐうッ」
 美咲は苦悶に顔を歪め、全身の筋肉をこわばらせた。
「僕たち、完全にひとつになったよ、先生」
 そう耳元に囁きかけられても、答える余裕はなかった。
「これが先生の子宮口だろ」
 そう言って、少年の剛棒がグイグイと最奥を圧迫してくる。
「いま射精すれば、大量のザーメンが先生の子宮を直撃だ」
 拓磨は愉快そうに脅し文句を言った。
「僕の赤ちゃん、欲しいかい?」
「あ、あァ……」
 美咲はグラグラとかぶりを振った。眩暈と吐き気がして息が詰まる。額とこめかみに脂汗が滲んでいた。熱い鉄棒が内臓を突き破って咽喉から出てくる──そう錯覚するほど苦しかった。
 拓磨が腰を使いはじめた。
 悶絶する美咲の美貌をながめながら、新鮮な蜜壺を存分に味わう。相手の反応を窺いつつゆっくりと抜き差しする様子は小憎らしいほどの余裕ぶりで、とても高校生とは思えない。
「どうだ、先生。教え子に大切なヴァージンを捧げた気分は?」
 ズーンと深く挿れて、ゆっくりと引き出す。
 ウッ……はああッ……ウッ……はああッ。
 美咲は眼を閉じたまま、熱いあえぎを洩らしつづけた。相変わらず足首をつかまれ、まんぐり返しの大開脚だ。恥肉をえぐられるたびに内腿が攣って、爪先まで痙攣のさざ波が走り抜けた。
「締めるんだよ、先生」
 徐々に腰ピストンの速度をあげながら、拓磨が教えた。
「オマ×コを締めるんだ。そうすればお互いもっと気持ちよくなる」
 アヌスをすぼめればオマ×コも自然に締まる──そう拓磨に教えられ、美咲は夢中で首を縦に振った。
「こ、こう?……」
 必死の表情に、けなげさが窺える。
「これで……これでいいの?」
「そうだよ、先生。とってもいい感じだ。涼子先生にも負けてない」
 御世辞ではなかった。ただでさえ狭い女壺がキューンと収縮して、ますます窮屈になる。そこを強引に抜き差ししてやると、熱い花蜜に濡れた肉襞が粘っこくまとわりついてきて、何とも心地良い。
「ああッ、ああッ」
 美咲の様子にも変化が表れてきた。
「あァ、はあァ……あァ、はあァ」
 切迫した息づかいに、せつなげな吐息が混じった。苦痛に蒼ざめた頬が次第に官能の朱色に染まっていく。肉棒が引かれるタイミングに合わせて、美咲はキュッ、キュッと積極的に媚肉を収縮させている。
「くううッ」
 眉根を寄せ、悩ましい表情を見せる美しい新任美術教師。
「感じてきたのかい?」
 尋ねられて、眼を閉じたまま恥ずかしげにうなずく。一瞬だけ眼を開けて拓磨の顔を見たが、すぐに羞じらって瞳をそらせるところがたまらなく愛らしかった。
「先生も腰を使うんだ。そうすれば、もっともっと気持ちよくなれる」
 リズミカルに突き挿れながら、拓磨は促した。
「そんな……腰を使うだなんて……わたくし、そんなはしたない真似は……あッ、ああんッ」
 目許をピンク色に染めて身悶えるウブな二十二歳に、
「涼子先生は腰使いが最高なんだぜ」
 篠宮涼子の名を出して煽りたてた。
「いや! あの女のことはおっしゃらないで!」
 次第に官能の渦に巻き込まれつつ、美咲はイヤイヤとかぶりを振るが、拓磨はお構いなしだ。
「普段はツンとすましてるけど、彼女、オマ×コするときは別人に変身するんだ。ア~ン、ア~ンって色っぽい声を出しながら、自分で積極的に腰を使うんだよ。アスリートだけあって、本気を出すと凄いものさ」
 言いながら、大腰を使ってさらに美咲を追い上げていく。
「あの腰使いを一度味わったら、どんな男もメロメロだ。骨抜きにされちまう」
「そんなに? ううッ……そ、そんなによろしいの?」
 喘ぎあえぎ尋ねる美咲の息づかいは荒い。最奥をえぐられるたびに、のけぞった咽喉からクウッ、クウッと快美の呻きを絞りだした。
「なあに、その気になれば美咲先生にだって出来るさ。要はつまらないプライドや見栄を捨てきって、牝になりきれるかどうかだ。ほら、やってみるといい。しっかり僕にしがみついて」
 足首から手を離すと、美咲は我れを忘れてすがりついてきた。乳房がムニュンとつぶれるほど少年の胸にバストを密着させ、尖った乳首を甘えるようにこすりつけてきた。スレンダーな美脚を相手の腰に絡みつかせ、
「ああッ、拓磨くん!」
 美咲は少年の体をヒシと抱きしめると、
「牝に……わたくし、牝になりますわッ!」
 びっくりするほどの大声をあげ、遮二無二なって腰を使いはじめた。拓磨のピストンを迎え撃つかのように、引き締まったヒップを体操マットから弾ませ、腰全体をいやらしくくねらせる。大胆で妖しい腰使いは、とても処女を失ったばかりとは思えぬほど卑猥でエロティックだった。
「いいぞ、美咲先生」
 スリムでしなやかな女教師の裸身をひしがんばかりに抱きすくめ、拓磨は容赦ない腰ピストンを繰り出した。
 ヌプッ、ヌプッ──。ズブッ、ズブッ──。
「ぬおおっ、せ、先生っ、た、たまんないよおっ」
 うねり舞う腰。きつい肉壺の収縮。熱い濡れ襞の感触がたまらない。互いの情感を一致させた官能のリズムに、たちまち射精感がこみあげてきた。
「いいッ、いいッ」
 あられもない嬌声をあげ、美咲も拓磨にしがみついていく。ズシン、ズシンと子壺を揺るがす強烈な突き上げ──さっきまであんなにつらかった肉杭の抽送が、今は脳の芯が溶けるほどの甘美な愉悦に変じて、牝に成りさがった令嬢教師の官能を痺れさせる。
「あうッ、いい! あううッ、いいわッ!」
 肉杭を深く咥えた美咲のヒップが、マットの上で放埓に跳ね躍った。 
「た、たまらないッ! ヒッ、ヒッ、ヒイイッ! ヒッ、ヒッ、ヒイイッ!」
 もうまともに言葉も出ないのか、美咲の咽喉からはせわしない喘ぎ声、そして歓喜の悲鳴しか聞こえなくなった。
「ヒイッ、ヒイイッ……あわわ、あわわわ」
 狂ったように腰を使い、白目をむいてのけぞるさまは、とてもあの気品ある伊藤美咲とは思えない。
「ヒッ、ヒッ……あわわ……ヒッ、ヒッ……あわわわ」
 天井を向いたヒップに生々しい痙攣が走りだした。初めてのセックス、しかも強引に犯されながら、新任美術教師は絶頂へ昇りつめるらしい。媚肉の収縮がいっそう強く、そして甘美になってきた。拓磨もこらえるつもりはなかった。

 

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧