新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美人キャスター・隷獣 未亡人・肉奴隷

本を購入

本価格:1238(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2006/08/10
    ISBN:
    978-4-8296-8706-2
書籍紹介
日本中の男が憧れる美人キャスター・ひと美。
哀しみに暮れる美貌が蠱惑的な未亡人・由希。
美しき女たちよ、犯されながら何を思い夢見るのか。
「奴隷」になる悦び、「奴隷」を持つ歓び――
綺羅光の魂がスパークする「凌辱愛」
登場人物:
ひとみ(24歳)その他、ゆき(29歳)未亡人、まやこ(28歳)女優・アイドル
シチュエーション:
凌辱 | 縄・緊縛 | SM | 露出(下着・水着・裸) | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス)
立ち読み
「まず魔羅を舐めてもらおうか。さっきは紙で拭く暇もなくてよ、お前のヨガリ汁の滓がこびりついたまんまだ」
  恐ろしい言葉だった、血も凍るほどの。
「わかんねえのかっ!  フェラチオするんだよォ」
  太い声で一喝すると、雷児は玉虫色の派手なスーツを脱ぎはじめた。
「さっきのマ×コの締め具合だと、お前、見かけに寄らず色事に慣れてるみてえだしよ、きっとおしゃぶりだって上手いんだろ。なあ、ひと美?」
  ズボンをおろしながら、うれしそうにひと美に話しかける。ビールの大壜をたてつづけに二本飲み干し、雷児の吐く息はぷーんと酒臭い。
  ひと美は膝頭をがくがく震わせて立ちつくした。だが、男が股間をさらして迫ってくると、蒼ざめた顔に朱をのぼらせ、滑稽なくらいにうろたえるのだ。
「あ、ああ……いやっ。いやよォ」
「へへへへ。何を今さら照れてんだ。さっきはこいつを咥えて俺と一緒に天国へ昇ったんじゃねえか」
  半分ほど、九十度ぐらいに首をもたげた太棹を、ブルンッと自慢気に突きだす。その全貌がひと美の目に飛びこんだ。ああ、あんな塊りで貫かれたのだ――。毛むくじゃらの下腹に、醜悪にうごめく鉛色の長大な生肉に、あの時の息づまる衝撃が想い起こされ、ひと美は改めて戦慄を覚えた。かつて見たことのない太さ、逞しさであった。まだ完全に勃起をしていないというのに、大袈裟でなくコーラ壜ほどもあるのだ。
「ウム、そうだ。フェラチオの前に、その素敵な唇に口紅を塗ってもらおうか。安淫売みたいに真っ赤にべっとりとな。それでペロペロしゃぶられると、なおさら興奮するんだ」
  美人ニュース・キャスター、有吉ひと美が、つつましくも可憐な唇にべっとりルージュを塗りつけ、一物を舐めしゃぶる。考えただけでも煽情的で身震いした。
  加えて悩ましい下着姿ならば言うことはない。ドバッと派手に口腔に噴射できるというものだ。いきなり丸裸に剥いて、その美の神話をすべて暴いてしまうのは惜しくてならなかった。オールヌードを鑑賞するのはいつでもできる。半裸にさせてネチネチいたぶり、あともう一発抜いておきたいと雷児は思った。
  いやがるひと美を野太い声で叱咤し、真っ赤に口紅を塗らす。どぎつく紅をさしただけで、ひと美の色白の顔立ちはムンムンと凄艶さをかもしだしてくる。
「へへへ。いいぜ、たまんねえよ。お次はブラウスを脱いでもらおうか」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧