新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ボクの理想の異世界生活 恋が深まるケモ耳ハーレム

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

サークル23.4ド、イチリ原作、オリジナル同人が書き下ろし電子書籍化。
獣人たちが暮らす世界に転生して、一夫多妻という理想の生活へ!
猫耳ミーシアが甘えてくる二人きりの露出公園デートエッチ!
キツネ耳チセは逆らえない!? 恋人たちのあまあまな王様ゲーム。
ウサギ耳ラビメアとは女王様ファッションでコスプレエッチ!
三者三様の魅力を味わい尽くす、今日も幸せが続くケモ耳ハーレム!
(文庫換算125ページ)

 

●もくじ

第一章 猫耳ミーシア、二人きりの公園デートエッチ
第二章 キツネ耳チセ、王様ゲームでラブラブ命令
第三章 ウサギ耳ラビメア、花嫁衣装でボンテージ衣装で

登場人物:
ミーシア(-歳)その他、チセ(-歳)その他、ラビメア(-歳)その他
シチュエーション:
ケモノ耳 | 人気原作 | 異世界転生 | ハーレム
立ち読み

 ミーシアの膣肉はとろとろに蕩け、絶えずエッチなお汁がぢゅぶぢゅぶと音をたてながら溢れていく。
 ミーシアの汗まみれの身体が月明かりに照らされ、ぬらぬらといやらしく艶めいていた。
 男根を食いしめる膣穴は痛いくらい拡張され、引き攣る。
「ノルン、もっと突いてっ♡」
 ミーシアは嗚咽を漏らし、ノルンの律動に合わせて腰を大きく躍動させ、ペニスを貪るように頬張った。
 発情したミーシアは、ノルンを独り占めできる状況に、昂奮しているのだろう。
 チセを交えてエッチする時よりもずっと激しい。
 そんなミーシアの艶やかな姿を前に、ノルンも劣情をくすぐられる。
 さらにおっぱいをめちゃくちゃに揉みしだき、痛いくらい硬くしこった乳首を責め立てた。
「ああああああんっ♡ のるぅぅぅぅんんん……っ♡♡」
 ミーシアはノルンの上半身に抱きつき、おっぱいと乳首を擦りつける。
 本物の猫以上の甘えんぼうだ。
 ノルンは、ミーシアの頭を左手で撫でつつ、右手で彼女のお尻を指が食い込むくらい力をかけて握る。
「ふにゃああ~~~~~っ♡」
 腰を逃がそうとするがそうはさせまいと、子宮口を抉った。
 柔壁がにゅるにゅると蠢き、吸いつき、搾られてしまう。
 腰を動かすたび、まとわりつくラブジュースはネットリと糸を引き、ペニスをべちょべちょに汚す。
 腰を前後に弾ませるたび、膣内の熱気に肛門がぎゅっと締めた。
「ミーシア……!」
 膣内に根元まで埋まったペニスがびくびくっと震えた。
「ノルン、出るんだぁ♡ このまま出ひてぇ……」
 ミーシアは、自分のおっぱいを自分で揉みしだく。
 ゾクゾクするような艶姿に、ボルテージが限界を振りきった。
「ううううう!!」
「ふにゃぁああああっ♡」
 熱い迸りを、ミーシアの秘処めがけ解き放つ。
「イクッイっちゃう♡ せっくす、しゃいこぉぉぉぉぉぉぉ……♡♡」
 絶叫を上げ、ミーシアは派手によがりながら極まった。
 どぴゅぅっ! びゅるっ! ぐぴっ!
 ペニスを抜くと、ゴポポッと濁った音をたてながら、ザーメンが逆流して、芝生をヌラヌラと汚す。
「ふぁっ♡ ああ♡ しゅ、しゅごかったぁ♡」
 ノルンは眉をひそめ、頬を上気させ、口を半開きにして、口元の右端からよだれを垂らしていた。
「ミーシア。すごく気持ちよかったよ」
 ノルンは垂れたよだれを舌で舐め取りつつ、口づけをする。
「んんぅぅ~っ♡」
 ミーシアは幸福感に目を細め、快感に酔いしれてくれているようだった。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧