新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

寝たふり義妹と人斬りシザー

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:880円(税込)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

英国ハーフ義妹・有梨栖の生意気塩対応への反発で始まった睡眠姦。
髪を切って可愛くしてあげた分、夜は天使のカラダを堪能しまくり!
「絶対に目を覚まさない」義妹にディープキス、乳首絶頂責め、
ぶっかけ素股、唇突っ込みフェラとエスカレートしていき、
初体験はアナルセックス! ついに一線を越えて処女奪取へ!
全面改稿&番外編たっぷり、eブックスNo1コンビの禁断純愛!
(文庫換算223ページ)

 

●もくじ

 

第一章 なまいき義妹
第二章 おひるね義妹
第三章 ごきげん義妹
第四章 ふきげん義妹
第五章 かわいい義妹
番外編 寝たふり天使とシザー兄さんと私
番外編 らぶらぶ義妹と自己肯定感ゼロの天使と俺

立ち読み

 前に学校の友だちが持ってたエロいマンガにそういうのがあった。俺と有梨栖みたいに、兄妹がエッチするのに尻の穴を――アナルっていうのを使う話だ。
 みんなで笑いながら読んでいたけど、本当はちょっと興味があったんだ。マ×コはさすがに使えないけど、アナルならぎりぎりオーケーかなと思って。なんのぎりぎりなのか知らないけど。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……」
 体を離すと有梨栖は乱れた呼吸で、尻をかすかに上下させていた。真ん丸な尻肉はまだまだガキって感じだけど、そのぶん、尻の穴は赤くてきれいな色をしていた。
 有梨栖の汁で濡れたチ×ポの先を、俺は上からアナルに近づける。
「……絶対に起きるなよ」
 寝ている子にこんなことを言っても意味はないかも。でも、今からすることにさすがに俺もびびってる。
 怖いけど……やりたい。有梨栖とめちゃめちゃしたいんだ。
「おまえの尻の穴にチ×ポ入れる」
「……ッ」
 宣言することでますます興奮した。有梨栖は寝ている。枕に伏せた顔が耳まで真っ赤になっている。
 息が止まったみたいに静かになった後、また「はっ、はっ」と短く忙しない呼吸が再開する。
 嫌な夢を見ているかもしれない。尻にきゅっと力が入った。
 でも。
「絶対に入れる。おまえの中に精子出して、俺だけの女にしてやる。しっかり受け止めろ」
 マンガの中のお兄ちゃんと同じセリフを言ってみた。というか、ひどいお兄ちゃんだな。妹に言うことか?
 だけど、興奮する。有梨栖が聞いたら激怒くらいじゃすまないようなことを上から命令して、チ×ポから我慢汁が出るくらい興奮していた。
「……ぁい……」
 有梨栖が、小さな寝言をつぶやいた。尻が緊張しているみたいにぷるぷるした。
 その中心にある小さな窄まり。アナルに視線は釘付けになる。
 こんな狭そうな場所に本当に入るんだろうか。てか、マンガに描いてることなんて信じていいの?
 濡れたチ×ポの先を押し当てる。絶対に入らないだろ。小さすぎる。
「……力抜けよ」
 言っても無駄かもしれないけど、言うだけは試してみる。ふっと有梨栖のアナルが柔らかくなった気がした。
「んん……」
 チ×ポが埋まっていく。体重をかけて押し込むと、めりめりと、穴を広げていく感触が先っちょに伝わってくる。
「やべ、入る……入りそうだ、有梨栖……」
「んん……あっ、あっ……あぁ」
「あ……入る、これ……」
 一番太いところが肛門を抜けた。ぎっちぎちに締めつけてくる有梨栖の尻が熱かった。
 半分も入っていない。でも、俺と有梨栖は――繋がってしまった。
「有梨栖……俺たち、アナルでセックスしちゃったな……」

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧