新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

催眠洗脳アプリ【決戦編】 キミを好きになったら何故か日本代表のメンタルコーチに就任させられた!

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「私に催眠をかけて、Hな特訓、無理やりしてたんだね……」

夢に見た初体験……しかし秘密がバレ、俺は催眠彼女・高宮流子を失った。

謝罪と告白を込めて、互いにかけ合う最後の催眠洗脳アプリ。

ウソをつけない身体で気持ちを確かめ合ってファーストキス!

高身長ボディもぱつぱつ巨乳も、そして彼女の心は俺のものに……。

ノクターントップ催眠系青春ストーリー、感動のエンディング!

 

もくじ

第五章 夢にまで見た

第六章 彼女襲来?

第七章 失望と希望

第八章 ファーストキス

エピローグ 何故か日本代表のメンタルコーチに就任させられた

書き下ろし番外編 斎藤朔の憂鬱

登場人物:
たかみや(-歳)女子高生
シチュエーション:
部活 | 応援 | 催眠 | 青春
立ち読み

「挿入って……くるっ!? 私、の中に、斎藤のがっ……挿入ってくるぅ……っ!?」

 高宮にとっては不意打ち以外の何物でもない。驚いたように声を詰まらせながら海老反りに体を硬直させ、破瓜の痛みに耐えるかのように俺の体にしがみついた。

 高宮の膣内はすごい締まりで、それでいて蕩けるように柔らかかった。

 亀頭の先から根本まですべてをピッチリと包み込み、子種が待ちきれないとばかりに熱々ザラザラの粘膜が不規則に蠢動してペニスを絞り上げてくる。

 これが女のマ×コ――いや、高宮流子の処女マ×コの感触。手コキやオナホでは絶対に味わうことはできない〝本物〟の快楽。

 こんなの……こんなの、あまりにも気持ちよすぎる。男が耐え得るものじゃない。

「ぐ、ぅぅっ……!」  俺は咄嗟に歯を噛みしめた。そうしなければ、すぐにでも射精してしまいそうだった。 

 三擦り半どころか挿入即射精ではいくらなんでも情けない。さっき射精しておいてちょうどよかったかもしれない。

 そんなふうにギリギリの状態で耐えている俺と同じように、高宮もまた耐え忍ぶようにぎゅっと目を閉じている。

「高宮、大丈夫か? 痛みがキツイなら無理するなよ?」

 心配になって声をかけると、高宮はふるふると頭を振った。

「大丈夫。想像よりも全然痛くない。むしろ……その……」

「むしろ?」

「…………すごく気持ち……いい……」

 言い淀んだ高宮に続きを促すと、恥じらうように身じろいでからぽしょりと小さく答えた。

 瞬間、俺の意思と関係なく肉棒がビクビクと脈動した。

 高宮は「ひゃんっ!?」と可愛らしい声で驚くと、抗議するようにジト目で見下ろしてくる。俺がわざとやったとでも思ったのだろう。

「わ、悪い……興奮しすぎて勝手に動いちまった」

「…………そ、そっか。それは、まぁ……うん。仕方ないね」

 高宮は照れたように言った。

 彼女が我を忘れるほどに俺に興奮してくれたことが嬉しかったように、彼女もまた俺が高宮に興奮したことが嬉しかったのかもしれない。

「はぁ……んっ……」 

 不意に高宮に発情のスイッチが入った。

 その顔にはもう破瓜の痛みは見えない。

「――……斎藤」

 あるのはただ、情欲に溶けた雌の色だけだ。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧