新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

オタクに優しいギャルを求めて三千里。2 今ではイチャラブセックス三昧で、孕ませおねだり妊娠懇願される毎日です。

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:880円(税込)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

初彼女ギャル・里宮柚佳とラブエロ孕み乞い交際、始めました!

危険日は、淫紋タトゥー付きで見せびらかしデートに出発!

淫紋の意味は──「彼氏に生ハメされ中出しされてます」!」

海デートで繁殖交尾! ハメ撮りHでデキ婚誓約! 夢の妊娠通学!

「何回でも何人でも、あたしのこと、しっかり孕ませてね!」 

理想のギャルを求めて三千里──たどり着いたのはボテ腹ギャル嫁!

(文庫換算220ページ)

もくじ

第12話:柚佳が淫紋つけてきた(フェラ/精液ごっくん&咀嚼)

【幕間】第12.5話:逆ナンされる

第13話:キスマークは独占欲(子宮刺激/排卵促し射精)

【幕間】第13.5話:テスト期間なのでお勉強

第14話:海で陽キャな夏休み(キャッキャウフフ)

【幕間】第14.5話:海、お昼頃の出来事

第15話:初めてのお泊まり(パイズリ射精/危険日スローセックス/繁殖子作り)

第15.5話:【幕間】海から帰りの電車の中で

第16話:面倒な登校日のあれこれ(朝勃ちフェラ/危険日子作り&精液封入)

第16.5話:【幕間】黒ギャルのママみ 第17話:お祭りに行ったらあいつがいた(見せつけられた)

【幕間】第17.5話:柚佳と朋奈 第18話:柚佳を怒らせてはいけない(危険日ハメ撮り/責められ膣内射精)

【幕間】第18.5話:楽しいハメ撮り鑑賞

第19話:兆しと例のあの写真(写真撮影/手コキ)

【幕間】第19.5話:この親にして

第20話:ずっと一緒に孕ませ続ける(淫紋見せつけ/ボテ腹セックス)

【幕間】第20.5話(最終話):他愛のないぼやき

登場人物:
ゆずか(-歳)女子高生
シチュエーション:
青春 | 孕ませ | ギャル | 制服
立ち読み

「息荒くして、とろーんってしちゃって……♡ 侑己くん、そんなに気持ちよかったんだ♡」

「うん……よすぎた」

「ね、ボテ腹に精液かかっちゃったとこ、カメラで撮る?」

「撮る」

「じゃあほら、ちょっとポーズ取ってあげる♡ 綺麗に撮ってねー……♡」

 両腕を上に上げて組み、腋から胸、そして膨らんだお腹を惜しげもなく見せつける。

 俺はスマホを取り出し、柚佳の綺麗な腋、精液に塗れた胸からお腹を、カシャカシャと何枚も撮り続けた。

「侑己くん、撮りたいコスプレとかある? ボテ腹で撮れるの、今だけだよ?♡」

「……と、虎柄マイクロビキニを着たボテ腹柚佳を撮゙り゙だい゙っ……!」

「はいはいわかった♡ いくらでも撮らせてあげる♡」

「柚佳好き。ほんと好き」

 嫁の可愛いマイクロビキニ姿を思い描きながら、俺は夢中で写真を撮り続けた。

 虎柄ビキニを着てもらったら、次は猫だ。猫耳カチューシャに、尻尾を生やして、ボテ腹猫にゃんを撮りたい。

 素晴らしい、夢が広がりまくりだ。

「いっぱい撮れた? そろそろあたし、気持ちよくなりたいなー……♡」

 などと言いながら、柚佳はコンドームを取り出し、未だに勃起を続けているペニスに着けていく。

 コンドームなんていつ以来だろうか、久しぶりすぎてまったく思い出せない。

「いっぱいセックスして……、侑己くん……♡」

「うん、わかってる。えっと……」

「妊娠中のセックスはね、四つん這いがいいんだって♡」

「さすが」

 俺のギャル嫁は、そういうことに余念がない。

 俺は柚佳をベッドの上に促し四つん這いにさせると、その後ろに回った。

 子供を孕んで、よりむっちりと大きくなったように思える柚佳のでかい尻、鷲掴みにすると、むにゅうっと心地よく指が沈む。

 何度も腰を叩きつけた肉の感触、また味わえると思うと、自然にペニスが跳ねた。

 そんな俺を見て、柚佳はだらしなく垂れ下がった胸を左右に揺らしながら、後ろの俺に目を向ける。

「ねえパパ、どんなにママが種付けしたくなるいい女だからって、今は激しくズコバコしちゃだめだからね?♡」

「わかってるよ。柚佳がこの子を産み終わるまで待つから。……その代わりにさ」

 カウパー垂れ流しの亀頭を、ぐじゅぐじゅにとろけた膣に押し当てる。

 柔い肉が亀頭に絡みつく感覚が、ゴム越しでもわかった。

「ゆっくり、ねっとり味わうから……!」

「あ、ああああぁぁ……♡」

 ぬぷぷぷ……と、少し腰を押し出しただけで、柚佳の膣はペニスをもぐもぐと咀嚼するように呑み込んでいく。

 膣肉は締まりながら、隙間なくみっちりと絡みついた。

「奥は突けないから、ここをいっぱい……な」

 腰を引いてペニスをカリ首まで抜くと、腰を上向きに突き出して、Gスポットの真裏の辺りを亀頭とカリ首でゆっくり抉る。

 その途端に柚佳はびくんと背を反らせた。

「あ゙♡ あ゙っ♡ ち×ぽでっか……♡ 久しぶりの、侑己くんのち×ぽ……♡ ……んあ♡ そこ、侑己くん……そこ、いいとこ擦ってる……♡ あ♡ や♡ あっあっ♡ あー……♡」

「柚佳、ここ好きだもんな……」

「あ゙ー……♡ 待っ、待って待って♡ あ♡ あ゙っ♡ ゆっくり、それ♡ 気持ち、いい♡ あ♡ あ♡」

「久しぶりのセックス気持ちいい……! 柚佳のおま×こ、みっちり絡みついて、さっき出したばかりなのに、どんどん精液作られてる感じがする」

「好みのメスすぎて身体が勝手に精液作りまくるとか、マジでヤバいし……♡ あたしのこと好きすぎ……♡」

「当たり前」

 俺は柚佳の膨らんだお腹を優しく撫でる。

「ずっと一生、傍にいたいくらい好きだ」

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧