新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

妹の自由研究 お兄ちゃんの性欲を調査します

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

「お兄ちゃんの人生はお兄ちゃんのモノだよ。

でもね、お兄ちゃんの精子だけは、真凛のモノなの」

妹の自由研究の課題は俺の性欲調査?

部屋に監視カメラ、スマートウオッチで興奮時の脈拍測定、

ペニスの硬さと大きさチェックは妹みずから陰茎をつまんで……

小さいお口でフェラされて、一緒にお風呂に入って、

最愛の妹に(最終的に)射精管理までされる夏休み。

童貞兄とバージン妹──夏休みの思い出づくり!

目次

一章 妹が俺の生態を調査するのだが……

二章 妹とキスしていいんだっけ?

三章 妹が俺の息子を追い詰める!

四章 妹の親友が俺を説教してくる。

五章 妹に俺の射精を管理されてしまう。

六章 妹の親友が俺の童貞を狙ってくる!

七章 妹をクンニすることになったんだが。

八章 妹のオナニーのオカズはなんと俺?

九章 妹の親友に溺れてしまいそう。

十章 妹の初めては俺のもの!

エピローグ まだまだ続く自由研究

登場人物:
真凜(-歳)妹、紗枝(-歳)女子高生
シチュエーション:
兄妹相姦 | 純愛 | 自慰 | フェチ
立ち読み

「お兄ちゃんは、ちょっと目を離せばオナニーばかりして……他にすることないの?」

「俺が何をやろうと俺の勝手。俺の人生は俺のモノだ!」

 口角泡を飛ばす勢いで反論する。

 だが、真凛は思いもよらぬことを言いだす。

「確かに、お兄ちゃんの人生はお兄ちゃんのモノだよ。でもね、お兄ちゃんの精子だけは、真凛のモノなの」

「は?」

 怒りのパワーはどこへやら、これには毒気を抜かれる。

(今、なんつった? かなりヤベェこと、言わなかったか?)

 恋人や妻でも「あなたの精子は私のモノ」なんて、宣言はしないだろう。だが、真凛は冷静に発言を補足する。

「忘れないで。お兄ちゃんは私の観察対象なんだよ。射精をするなら、ちゃんと私に精液を提出して」

「な、なんで、そんなことをするんだ?」

「精子量を測るためだよ」

 精子の調査。そういう系の話は、紗枝から聞いている。去年、学校で行われた自由研究で、彼氏の精子量を測って入賞した生徒がいたそうだが、どうやら真凛もその例に倣うようだ。

 倫也は深いため息まじりを落とす。

「そういえば、紗枝ちゃんから聞いたぞ。今回の自由研究は、生徒会主催のコンテストなんだってな」

「そうだよ。とにかくそういうことなんで、お兄ちゃんは協力をよろしくね」

「協力って?」

「だから、お兄ちゃんのオナニーは、私の管理下で行うってことだよ」

  頭には「射精管理」という謎のSMプレイが思い浮かぶ。

 人権侵害も甚だしい事態だ。さすがに何か言い返そうとしたが、矢継ぎ早、真凛から先手を打たれてしまう。

「お兄ちゃん。お風呂を沸かしてあるから、お風呂場で待っていて。そこで私が、ヌイてあげるから」

「は、真凛がヌク……風呂で?」

 一瞬、モコモコの泡に包まれた妹の裸体が浮かんだが、すぐに脳裏から振り払う。近親相姦は避けなさいと、紗枝から釘を刺されたばかりだからだ。

「いや、でも兄妹で、裸のつきあいはマズイだろう?」

「お兄ちゃん、何を考えているの。私が裸を見せるわけがないでしょう。裸になるのはお兄ちゃんだけだよ」

 どうやら真凛は着衣で、入ってくるようだ。おそらくティーシャツに短パンといったところだろう。倫也はとりあえず浴室へいき、湯船に浸かった。

 しばらくして真凛が入ってきた。

「え、真凛、その格好は?」

 間抜けなくらい口を開けてしまう。なんと真凛は水着を着ていたのだ。しかもボディに、パツンパツンとなって貼りついた黒ビキニ。

(これって、逆に裸よりエロくないか?)

 倫也が焦るのも当然である。妹の圧倒的巨乳に対して、ビキニのカップが明らかに小さいのだ。しかもその合成繊維も今にもはち切れそうで、ホルターネックの紐は、首から吊り下げるだけで精一杯の様相を呈している。

 そして股間を覆うビキニパンツも同様に怪しい。こちらもサイズが合っていないのか、しゃがむだけで、みるみる股へ喰いこむ。お尻に至ってはティーバックのように変形してしまっていた。

「そんなにジロジロ見ないでよ。仕方がないでしょう。身体が発育しちゃって、去年買った水着がきつくなっちゃったんだから」

 プウと頬を膨らまし、横乳を手で隠す。

(おいおい。『発育』って、そういうエロいワードだったか?)

 ちなみに真凛はプラスチック製の試験管を握っていた。考えたくもないが、それでアレを採取するつもりのようだ。

 真凛は試験管を脇へ置くと、輪ゴムタイプの髪留めを口に咥えた。背中まで伸びた黒髪をひとつにまとめあげて、頭の高い位置で結わえあげる。ポニーテールの完成だった。

(ヤバい。黒ビキニにポニーテールって、反則だろ!)  

湯けむりの先に舞い降りた天使から、目が離せなくなる。首筋とともに露わとなったうなじは、まばゆいほど白く、大人の色気をのぞかせていた。  たちまち倫也の脳裏から、紗枝の忠告は消え去ってしまう。 「言っておくけど、いくらムラムラしても、私に触るのはダメだからね」 「わ、わかっているわい。誰が実の妹にお触りするか!」

 と、粋がってみたものの、これ以上眺めていては理性がもたない。

 倫也は湯船を出ると、妹に背を向ける形で風呂椅子に腰掛けた。

「俺は先に身体を洗うから、真凛は湯に浸かって待っていてくれ」

「あ、身体なら私が洗ってあげる。一応、研究協力のお礼ってことで」

 真凛はスポンジを片手に、ボディソープのボトルをプシュプシュと押す。スポンジで作った泡のかたまりを、兄の肩へ乗せていった。小さな手のひらを滑らせて、背中へ塗り広げていく。

(うおお……なんだか、くすぐったい)

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧