新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

この×××がすごい!クラスの女子の間で評判になって予約待チ××に。

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:880円(税込)

獲得ポイント:8pt
書籍紹介

変態バージン夜凪さん参戦で、ますます加熱する×××争奪戦!

男らしさを見せ、マラソン大会でも頑張る姿に、エッチだけでなく、

苗内へ本気の恋心を抱いていく和泉さん、波留さん、夜凪さん……

盛り上がるあげチンの噂に、親友同士のご褒美バトル3P! 

彼女たちのほうから、入れてほしい! 注いでほしい! 愛してほしい!

そんなエッチ予約が止まらない幸せ青春ラブコメ、感動のフィナーレ!?

(文庫換算360ページ)

目次

32 波留は、ビビってる 33 和泉は、くわだてる 34 和泉は、のこされた 35 苗内は、はらたった 36 和泉は、つっこんだ 37 波留は、ておくれだ 38 苗内は、たえぬいた 39 波留は、されたがる 40 苗内は、ひらめいた 41 和泉は、みおろした 42 苗内は、とりもった 43 夜凪は、はかどった 44 和泉は、ゆっちゃう 45 波留は、ごりっぷく 46 和泉は、もみほぐす 47 夜凪は、とどけたい 48 苗内は、やりきった 49 波留は、うかれてる 50 夜凪は、いしきする 51 苗内は、つりあげる 52 夜凪は、あらためる 53 波留は、にやけてる 54 和泉は、はずかしい 55 苗内は、うつりこむ 書き下ろし大番外編 苗内は、かけられる

登場人物:
和泉(-歳)女子高生、波留(-歳)女子高生、夜凪(-歳)女子高生
シチュエーション:
制服 | キャンパス・学園・大学 | 初体験 | ハーレム
立ち読み

 アタシと波留が決めた苗内との約束。それはマラソン大会に優勝したら、三人で……する。 

 でもでも、いきなしは抵抗ある。このまんまだと、土壇場で『やっぱナシ』とか言って約束破っちゃうかもしんない。

 だから、なんとか気持ちが楽になる、受け入れやすくする方法はないかって波留と話した。

 そんで決まったのが、お互いのエッチを見る。

 苗内は渋るかと思ったけど、案外ノリノリで、最初は「ほらほら波留さんが見てるよ」とかオッサンみたいなこと言ってるから、アタシから責めてやった。

 ふたりしてだんだんとエッチに夢中になってって、最後の方は……わ、忘れよう。この歳でお漏らしって――いや今回は、お漏らしじゃないんだけど。

 でも、すごかった……♡

 シャワーを浴びて戻ったら、はじめてるし。

 めっちゃお尻にご執心みたいで、苗内は四つん這いになってる波留の後ろから、かぷッてしたりペロペロ舐めまくってる。

 あ、あんな恥ずいカッコ、よくできるな……。

「ウチのおちりぃ、開いちゃ……はぁ〜ん♡ くちゅくちゅ、しちゃ、やあん〜♡ はふぅ、はふぅ〜、ぁふぅ〜♡」

 あの姿勢だと、あそこ丸見えだし。口も指もぜんぶ使って、お股が責められちゃってる。波留、めっちゃ気持ちよさそーだし。アタシもあとでしてもらおっかな……でもあのカッコはやっぱ恥ずい。

「苗内ぃ……はぁ、はぁ……ウチ、おチン×ン欲し〜よ〜♡」

「待って、ゴムつけるから」

「えへへぇ♡ 生でいーよぉ。ウチもピル飲みはじめたからっ」

「本当ッ! ならさっそく」

 苗内の食いつきがすごいんだけどっ。

 アタシと生エッチしたばっかじゃん。

 生エッチさせたげるの、アタシだけだったのに……。

「あのねぇ、ウチは正常位も好きなんだけど、向き合って座って、ギュッてするやつがしたいな〜」

「対面座位だね。じゃあ正常位で挿れてからしよう」

「うんっ」

 満面の笑みで仰向けになった波留は、股を開いて苗内を受け入れる。

 ゆっくりおチン×ンが入ってく様子を『あ、あんなふーなってるだ……』って、アタシは前のめりになって見てた。

「――はぁ〜♡ 奥まで、きたぁ――はん〜っ♡」  苗内はグッと腰を押し込んだら、すぐに波留のおっぱいと夢中で戯れてる。

「苗内ぃ、ちゅーうぅ、チューしてぇ〜」

 ふたりは、キス音が聞こえないくらいピッタリねっとり唇と唇を合わせたチューしてる。

 身体がくっついたみたいになってて、そのまんま対面座位になった。

 密着感がすごそーで羨ましかったんだけど、アタシは別んとこに釘付け。

 それは波留の腰に回された苗内の腕。エッチしてるときもグイッと力強くなった感じがしてよかったし。こうして傍目に見ると、やっぱ逞しくなってる。お腹とかもぷよッてる感じだったのにマシになってるし、背中もゴツゴツッてしてて……なんか男っぽくなってきてる。 

「……はぁ、はぁ……ねー苗内ぃ……ウチねぇ、してみたいのあるんだよ〜」

「ん?」

「このまんまギュッてしてぇ……好き好きッてする、ラブラブなエッチぃ……してみたいな〜」

「嫌ってワケじゃないんだけどさ……」

「苗内は、な〜んもしなくてい〜のっ。エッチしてるあいだだけ〜ウチが好き好きぃ♡ ってするから……ね〜いいでしょ〜?」

 って波留はアタシをチラッと見てくる。クッ、なんかズルいって、それ。アタシもいっぱい『可愛い』とか言わしたけどさ。

「苗内ぃ……好きぃ♡ 好き好きぃ、大好きっ――あん〜♡ 苗内のピクッてしたぁ。ふふふぅ……ウチでい〜っぱい、ん〜ん〜♡ 気持ちくぅ、さしたげる……」

 ああーもー、苗内ってば! めちゃ幸せそーに波留に抱きついて、いっちゃいそーになっちゃってさっ。

 でも波留って反則級のスタイルだし、あんな柔っこそーな身体で抱きしめられたら、気持ちーのかも。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧