新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

奴隷妻 奪還調教

本を購入

本価格:--円(税込)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:770円(税込)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介

人妻・久下亜理紗に、性奴隷だった過去が襲いかかる!
美しく熟れた女体に蘇る屈服の哀しみ、被虐の悦び……。
かつての鬼畜主人は、上司の妻を逃がさない、逃がすわけがない。
和服妻は惨めに緊縛され、打擲の果て、中出し絶頂を極め舞う。
さあ誓え!「……夫より、ご主人の××に……仕えます」
マサイ&ぺい、最強コンビが贈る暴虐カタストロフィ書き下ろし。
(文庫換算110ページ)

 

●もくじ


もくじ
第一章 久下亜理紗の絶望
第二章 偶然と呼ぶのは味気ない。
第三章 奪還の日
第四章 和服人妻緊縛調教
第五章 そして彼女は過去に呑み込まれた。
第六章 夫の知らぬ間に

立ち読み

「旦那を捨てて俺のところに帰ってくれば楽になれるぞ」
 亜理紗は、眉根を寄せて顔を背ける。篠原はそんな彼女に背後から歩み寄り、唇を奪う。亜理紗はもはや抵抗しない。どこか投げやりな態度でされるがままになっていた。
「んっ……んんっ……」
 だが、そんな態度も長くはもたない。舌を絡めればすぐに情欲の灯が点って、瞳はとろんと蕩け始める。そんな女に躾けてきたのだ。十年前も。今も。
「脱げ」
 篠原がそう命じると、亜理紗は物憂げに着物の帯へと手をかける。シュルリシュルリと帯のほどける音がして、着物の下から、赤いレースで縁取られた黒いセクシーランジェリーが顔をのぞかせた。
「いやらしい格好だな」
「あなたが着てこいって言ったんじゃない」
 その通り、篠原が宅配便で送りつけたのだ。今日、着てくるようにと。
「だが、まあ、着てきたってことは、抱かれるつもりで来たってことだろ?」
「抵抗しても無駄なんでしょう?」
 亜理紗は吐き捨てるようにそう口にして、蔑むような目を向けてくる。
「ああ、俺のせいにしていい。だが、抱かれるところを想像しただろう? お前のここに俺のモノが突き刺さるのを想像したはずだ。身体が疼いただろう?」
 亜理紗はどこかソワソワした態度で顔を背けた。
「そんなこと……」
「取り繕ったって無駄だよ。お前をそんな女に躾けたのは俺だ。全部わかってるんだ。素直になれよ」
 そう言いながら篠原は彼女の腕から着物を抜き取り、その身を抱き寄せる。むっちりとした尻を鷲掴みにして感触を楽しみながら、再び唇を重ねてそのままベッドに押し倒した。
「んっ……じゅるっ、ちゅっ……」
 恐らく無意識なのだろう。亜理紗はいつの間にか篠原の首に手を回し、うっとりと目を閉じている。長い長いキスの最中、篠原は彼女の脇腹から腿へと指を這わせ、股間へと指を侵入させる。閉じようとする太腿の圧力を感じながら、彼は股間の縦筋へと指を滑らせた。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧