新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凌辱淫魔地獄(上)
人妻肛虐記念日

本を購入

本価格:933(税込)

電子書籍価格:--円(税込)

  • 本販売日:
    2006/06/10
    ISBN:
    978-4-8296-7517-5
書籍紹介
夫が海外赴任した日が、おぞましき肛虐記念日だった。二人組の淫獣が、27歳の美肛を狙って襲いかかる。娘を人質に取られ、肉の生贄となった人妻が強いられる淫虐の嵐。過酷な連続浣腸、アヌス輪姦、恥辱のポルノショップ、衆人環視の露出責め……それでも玲子を牝奴隷に堕としきる調教は、まだはじまったばかり。
(挿画  楡畑雄二)
登場人物:
れいこ(27歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | 露出(下着・水着・裸) | 浣腸 | 凌辱 | 監禁
立ち読み
  火のようなたくましい肉塊が、グイグイと媚肉に分け入ってきた。
「ああッ、あ、あなたあッ……」
  玲子の脳裡に夫の面影がよぎった。
  まるで矢でも射ちこまれたように、玲子の裸身がのけぞった。のけぞったまま、うむッ、ううむッと裸身を揉み絞る。
  玲子の身体は、とても男を受け入れられる状態ではなかった。侵入を拒もうとして肉が硬直していたほどだ。
  そこに厚次が強引なまでに腰をねじこみ、押し開いた。先端がズンと子宮に達すると、
「ひいッ……あ、あなたッ、ひッ、ひッ」
  玲子はひときわ高く泣き声を放った。
「どうだ、奥さん、ほかの男に犯される気分は。この様子だと、亭主しか知らなかったようだな」
  厚次は欲情に酔いしれたように言った。すぐには動きださず、じっくりと玲子の肉を味わっている。
  しっとりとした肉がきつく包みこんで、とても子供を産んだとは思えない。天にも昇る法悦だった。
「犯される感じってのを、たっぷりと教えてやるぜ、奥さん」
  のぞきこんだ玲子の顔は泣き濡れて、犯される人妻の凄艶ともいえる風情を見せていた。
  竜也は身をかがめて、ニヤニヤと玲子の身体をのぞきこんでいる。ドス黒い厚次の肉塊が、玲子の媚肉に分け入って、深々と押し入っているのが、はっきりと見えた。
「フフフ、うまそうにくわえこんでるじゃねえかよ、奥さん。生々しいぜ」
  竜也がからかっても、玲子は唇をかみしめた顔を、右に左にと伏せて嗚咽するばかりだった。
  犯される恐怖と屈辱、そして衝撃に打ちのめされ、逆らう気力も喪失していた。
  厚次がゆっくりと腰を動かしはじめた。それはしだいに激しく、玲子の最奥を突きあげた。ミシ、ミシと玲子の腰の骨がきしむようだった。
「た、たまらねえ……これが人妻の味ってやつか。いい味してやがる」
  厚次は容赦なく玲子を責めたてながら、獣のように吠え、うなった。
  玲子は唇をかみしめ、じっと屈辱に耐えている。口からもれるのは、女の哀しみがしみわたるような嗚咽ばかりだ。
  それでも力まかせに子宮をえぐられると、かみしばった口から、ひッ、ひいッと泣き声が噴きでた。
「ヘヘヘ、いい声で泣きやがるぜ」
  厚次はうわずった笑いをあげ、いっそう昂って荒々しく責めたてた。玲子の身体が、苦悶するようにビクビクと痙攣した。
「ああッ、いやッ……も、もう、やめてッ」
  時々、耐えきれないように、玲子は悲鳴をあげた。だが、その悲鳴も男たちを喜ばせ、さらに昂らせるだけだった。
小説の朗読 声:小森 未来

こもり みき

158-B90-W58-H86

新体操インターハイ優勝 主な作品として映画『TAKESHIS'』『恋の門』『コンクリート』、TV『志村けんのバカ殿様』、舞台『志村魂』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧