フランス書院編集部発

【2019年4月23日】

ひとことレビューその6~『妻が教え子に寝盗られた 鬼畜な青狼に種付けされて』本城山羊

『妻が教え子に寝盗られた 鬼畜な青狼に種付けされて』本城山羊

ネトラレ小説に定評がある、本城山羊(別名義、ほんじょう山羊)が、

フランス書院文庫に久々の登場!

 

「あなたにだけは知られたくなかった」

元教え子に脅されて結んでしまった関係。

一度きりのはずだったのに、熟れた身体は溺れてしまう……

 

 

美少女文庫でスマッシュヒットを記録した『夏期補習 奪われた彼女』がお好きなあなたにおすすめの一冊!

 

【2019年4月23日】

ひとことレビューその5~『ごっくん美熟女 未亡人義母&叔母&女社長』鏡龍樹

『ごっくん美熟女 未亡人義母&叔母&女社長』鏡龍樹

熟女誘惑小説路線で好調の古豪、鏡龍樹。

(近作はこちら)

 

 

「ねっとり」「ぐっしょり」の次は、

「ごっくん」だ!

 

仮タイトルは「美魔女誘惑」

 

妻の母&ピュアな叔母&美魔女社長が、

おくちで、子宮で、ごっくんしてくれます。

 

鏡龍樹の熟女誘惑にハズレなし!

【2019年4月23日】

ひとことレビューその4~『お泊まり看護 未亡人兄嫁と姪が子作りまでお世話します』桜庭春一郎

『お泊まり看護 未亡人兄嫁と姪が子作りまでお世話します』桜庭春一郎

今週の「装丁大賞」はこの作品でしょうか!

 

体調を崩した大学生のもとに、未亡人兄嫁、そして姪が看病に来てくれるなんて。

看病に来た「世話好きな」兄嫁と、六畳一間の密着生活!

 

新鋭、桜庭春一郎の「勝負作」です!

【2019年4月23日】

ひとことレビューその3~『おいしい婿入り【妻よりも色っぽい姑】』鷹山倫太郎

『おいしい婿入り【妻よりも色っぽい姑】』鷹山倫太郎

鷹山倫太郎の最高傑作、誕生か!

今作のヒロインは、魅力的すぎる「妻の母」。

 

鷹山倫太郎の「濃厚描写」と、「妻の母」の「熟れっぷり」は、非常に相性がいいなと実感。

 

女房よりも、従順で、みだらで、そして可愛い――

「最高の婿入り生活」をお楽しみください!

「妻の母の妹」も登場します。

 

【2019年4月23日】

ひとことレビューその2~『生贄帰国子女、完全屈服』綺羅光

『生贄帰国子女、完全屈服』綺羅光

「インテリシリーズ」で凌辱小説ファンを狂喜させた、

巨匠、綺羅光。

 

 

最新作のヒロインは、英仏語に堪能、テレビ局に内定した才媛女子大生。

今作も、知的な女を牝に堕とす!

 

綺羅光が描く、凌辱小説のまさに真骨頂です!

400ページ超、大ボリュームでお届けします!

【2019年4月23日】

ひとことレビューその1~『はだかの未亡人母娘と独身女上司【淫らな隣人】』水沢亜生

『はだかの未亡人母娘と独身女上司【淫らな隣人】』水沢亜生

新鋭、水沢亜生の新作は、

「裸族」が登場!?

 

(お隣の奥さん、家では全裸で生活してる!?)

 

僕が知ってしまった「秘密」が、

まさか「夢のハーレム生活」を招いてしまうなんて!

 

フランス書院史上、「もっとも危険で淫らな隣人」と言って差し支えないでしょう。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.