フランス書院編集部発

【2019年11月22日】

ひとことレビューその6~『身代わり淫ら嫁 今夜は私と子づくりを』鷹山倫太郎

4410『身代わり淫ら嫁 今夜は私と子づくりを』鷹山倫太郎

前作「おいしい婿入り【妻よりも色っぽい姑】」が好調だった

鷹山倫太郎(たかやま・りんたろう)の最新作は、

可愛くて淫らな「息子の嫁」。

若くて可愛いこんな「嫁」に誘われて、

さらには、子づくりを迫られるなんて……

描き方によっては軽いテーマになってしまいそうな本作を、

深味をもった、味わい深い雰囲気で物語っております。

作家の個性がいかんなく発揮された本作、

ぜひご一読ください。

【2019年11月22日】

ひとことレビューその5~『麗人デザイナー、牝堕ち』綺羅光

4409『麗人デザイナー、牝堕ち』綺羅光

最強凌辱作家、綺羅光(きら・ひかる)

凌辱小説界における威光は、まさに綺羅星のごとく。

ここをお読みいただいてるフランス書院マニアの皆様には説明しなくともご理解いただけることと存じます。

近作は、美人弁護士、帰国子女と、新たなヒロイン像に挑戦している巨匠、

最新作は、モデルから服飾デザイナーに転身した才媛が「標的」です。

美しく高貴で知性あふれる美女を描かせたら天下一品。

本作も凌辱小説ファンなら絶対にお楽しみいただける一冊となりました!

【2019年11月22日】

ひとことレビューその4~『身分逆転 美母、兄嫁、義妹…今日から俺がご主人様』但馬庸太

4408『身分逆転 美母、兄嫁、義妹…今日から俺がご主人様』但馬庸太

兄が支配する一家を――

美しい母、高慢な兄嫁、可憐な義妹も手に入れて

ぜんぶ丸ごと完全服従!

独自の個性でフランス書院文庫でも異彩を放つ但馬庸太(たじま・ようた)。

本作も、圧倒的な凌辱力と圧倒的な個性が爆発しております。

史上最高の「下克上姦」を目撃してください!

【2019年11月22日】

ひとことレビューその3~『独りはさみしくて 女教師はシングルマザー』美原春人

4407『独りはさみしくて 女教師はシングルマザー』美原春人

人気作家、美原春人(みはら・はると)の新作は、

女教師がヒロイン。

しかも、バツイチの恩師、妊活中の人妻教師、元家庭教師と、

まさに「先生づくし」の1冊!

個人的におすすめは、第二章。

高校時代は堅物教師だったあの先生が、

メガネを外して、僕だけに女の姿をみせてくれて……

美原春人にしか描けない、女教師物語の決定版!

【2019年11月22日】

ひとことレビューその2~『孕ませ性裁【若義母と家政婦母娘】』香坂燈也

4406『孕ませ性裁【若義母と家政婦母娘】』香坂燈也

病床の父を看護する女が、まさか自分の母親になるなんて!

母となった秋穂をじっとりとした視線で見つめる義息子。

父親への復讐心を抱いてた玲司の邪眼は、若くて美しい義母の肢体へ。

いま、「性のお仕置き」の幕があがる!

現在は、誘惑小説の書き手として活躍する香坂燈也(こうさか・とうや)。

キャリア前半には、数作、凌辱小説を描いていたことをご存じでしたでしょうか。

本作はひさしぶりに凌辱小説に挑戦。「官能の才」をいかんなく発揮しております。

香坂燈也の凌辱小説はこちら。本作を気に入られましたらぜひ!

「調教旅行中 新人女教師、熟女教師、兄嫁教師と」

「一家調教 未亡人と令嬢姉妹」

 

【2019年11月22日】

ひとことレビューその1~『後妻の湯【種付けしてください】 熟妻、若妻、隣人妻』なぎさ薫

4405『後妻の湯【種付けしてください】 熟妻、若妻、隣人妻』なぎさ薫

すっかり寒くなってきた今日このごろ。

「熟女の湯」はいかがですか?

早くも5作目となった、なぎさ薫

本作の舞台は九州。

三人の熟女と名湯をめぐる最高の温泉旅行です。

九州の温泉を旅行した気持ちにさせる「ほっこり温まる物語」です。

【2019年11月22日】

2019年11月刊フランス書院文庫は本日配本です

2019年11月22日、本日はフランス書院文庫の配本日です。

4405『後妻の湯【種付けしてください】 熟妻、若妻、隣人妻』なぎさ薫
4406『孕ませ性裁【若義母と家政婦母娘】』香坂燈也
4407『独りはさみしくて 女教師はシングルマザー』美原春人
4408『身分逆転 美母、兄嫁、義妹…今日から俺がご主人様』但馬庸太
4409『麗人デザイナー、牝堕ち』綺羅光
4410『身代わり淫ら嫁 今夜は私と子づくりを』鷹山倫太郎

            

9月から続いていた怒濤の新人ラッシュも一段落。

今月は安定感ある実力は作家たちが勢揃いとあいなりました。

恒例、「編集部発ひとことレビュー」は次記事から!

【2019年10月23日】

ひとことレビューその6~『古風でいやらしい三人の未亡人』尾木俊平

4404『古風でいやらしい三人の未亡人』尾木俊平

2019年10月刊に新人は2人います。

『インテリ淫女【美人准教授と文学少女】』の朝倉ゆうき、

そして、当欄でご紹介する尾木俊平(おぎ・しゅんぺい)です。

和服が似合う、古風な未亡人。

着物を脱がせば透き通るような雪白の肌、

絶頂をこらえる姿も奥ゆかしくて男心を誘う……

表題は「三人の」ですが、実は四人目の未亡人も存在したり……

尾木俊平、名前だけでも覚えておいてください!

【2019年10月23日】

ひとことレビューその5~『種付け夜這い【長男の嫁、次男の嫁を】』堂条伊織

4403『種付け夜這い【長男の嫁、次男の嫁を】』堂条伊織

堂条伊織(どうじょう・いおり)の第2作は、「息子の嫁」がテーマ!

息子たちの家を渡り歩く、絶倫中年男。

その狙いは、息子にはもったいない美しい嫁を「寝取る」こと……。

「種付け夜這い」は、最高にゲスくて、最高に淫ら!

【2019年10月23日】

ひとことレビューその4~『通い子作り【お世話します】 義母、母の友人、友達のママ』桜庭春一郎

4402『通い子作り【お世話します】 義母、母の友人、友達のママ』桜庭春一郎

とにかく「淫らな女性」を描くことに定評がある、

期待の新人、桜庭春一郎(さくらば・しゅんいちろう)。

早くも三作目とあいなりました。

僕の下宿に押しかけてくる、34歳、36歳、38歳……

妊活中の美熟女から「代理夫」に指名され……

最高の「子づくりハーレム」!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.