フランス書院編集部発

【2016年7月22日】

ひとことレビューその6~『兄嫁淫情・義母欲情』天崎僚介

4170『兄嫁淫情・義母欲情』天崎僚介

義母・由紀江(36)

兄嫁・遥(26)

兄嫁・七海(24)

 

僕を狂わせる、

熟義母とふたりの兄嫁――

世界でいちばん淫らな

相姦寝室が、幕開く!

 

天崎僚介(あまさき・りょうすけ)

堅実で真面目な作風で、

読者を裏切らないことでも定評があります。

 

西門京、牧村僚がお好きな方なら、

一度は手にとって欲しい作家です!

 

【2016年7月22日】

ひとことレビューその5~『フランス書院文庫アンソロジー 異常な世界 あなたの知らない官能小説』

4169『フランス書院文庫アンソロジー 異常な世界 あなたの知らない官能小説』

百聞は一見に如かず――

書籍詳細の「ジャンル・シチュエーション」をご覧ください。

「超能力」「小人化」 「異世界転生」 「透明人間」・・・

「ありえない官能世界」をコンセプトに、

フランス書院が6年振りに刊行したアンソロジー。

 

作家ラインナップもすごい!

凌辱小説における「新基準」の「創造者」、御堂乱(みどう・らん)

元祖「鬼才」――田沼淳一(たぬま・じゅんいち)

ファン歓喜! 久しぶりに黒本に降臨、秋月耕太(あきづき・こうた)

稀代の〝官能軽業師〟、巽飛呂彦(たつみ・ひろひこ)

誘惑小説ならおまかせ、弓月誠(ゆづき・まこと)

期待の新鋭が果敢に挑戦、香坂燈也(こうさか・とうや)

ザ・ジーニアス~天才作家~、青橋由高(あおはし・ゆたか)

 

この七人のサムライが、

あらたな官能小説の道をつくる。

 

必読のスーパーアンソロジーです!

【2016年7月22日】

ひとことレビューその4~『完全支配 彼女の母、彼女の姉、先生の奥さんを…』一柳和也

4168『完全支配 彼女の母、彼女の姉、先生の奥さんを…』一柳和也

フランス書院官能大賞から飛び出した

期待の新星・一柳和也(いちりゅう・かずや)。

惜しくも官能大賞受賞までには至りませんでしたが、

不屈の精神で才能を磨きつづけ、デビューまでに至りました。

濃厚で、淫靡――

現在フランス書院で活躍する作家とはまた違った、

「圧倒的な密度」をご体験ください。

一流の作家になる資質を秘めた「逸材」です。

【2016年7月22日】

ひとことレビューその3~『【重犯調教】女教師と令嬢たち』綺羅光

4167『【重犯調教】女教師と令嬢たち』綺羅光

女教師、29歳――

一度植えつけられたMの悦びからは、

二度と逃れられない。

美しすぎるから狙われてしまうのか。

気高すぎるから犯されてしまうのか。

ヒロイン・紗也子に安息の時はない。

巨匠・綺羅光(きら・ひかる)、

今度の凌辱者は「過去」から訪れる!

【2016年7月22日】

ひとことレビューその2~『未亡人四姉妹』花邑薫

4166『未亡人四姉妹』花邑薫

これほど、

淫らで、寂しい四姉妹が

今までいたか!

寂しがり屋、可愛い系、魔性系、小悪魔(わがまま)系・・・

四人の熟女が語る「寝物語」

あなたも聞いてみたくありませんか?

描くは、熟女小説の雄、花邑薫(はなむら・かおる)です。

【2016年7月22日】

ひとことレビューその1~『力ずくの夜這い 義母、姉、叔母に…』森一太朗

4165『力ずくの夜這い 義母、姉、叔母に…』森一太朗

母子、姉弟、叔母と甥――

あらゆる関係性を、

夜闇に紛れ、寝室で、風呂で、冒し、穢していく

狂った青狼。

近年、フランス書院文庫で、

好評を博しているジャンル――「夜這い」に、

人気作家、森一太朗(もり・いちたろう)が挑戦!

【2016年7月22日】

本日、フランス書院文庫配本日です!

7月22日、フランス書院文庫、最新刊の配本日です。

(お住まいの地域により、店頭に並ぶのが遅れることがございます。ご了承ください)

4165『力ずくの夜這い 義母、姉、叔母に…』森一太朗

4166『未亡人四姉妹』花邑薫

4167『【重犯調教】女教師と令嬢たち』綺羅光

4168『完全支配 彼女の母、彼女の姉、先生の奥さんを…』一柳和也

4169『フランス書院文庫アンソロジー 異常な世界 あなたの知らない官能小説』
御堂乱、田沼淳一、秋月耕太、巽飛呂彦、弓月誠、香坂燈也、青橋由高

4170『兄嫁淫情・義母欲情』天崎僚介

     

巨匠、新人、そして久しぶりに登場したフランス書院文庫アンソロジー・・・

多士済々の豪華ラインナップになりました。

次記事より、編集部からのひとことレビューです!

 

【2016年6月23日】

ひとことレビューその6~『したがり若未亡人 未亡人義母と未亡人兄嫁と未亡人女教師』永峰彰太郎

『したがり若未亡人 未亡人義母と未亡人兄嫁と未亡人女教師』永峰彰太郎

第15回フランス書院文庫

官能大賞特別賞受賞作。

官能大賞審査員が、

「これほど淫らな未亡人はいなかった」

「これまでの官能小説にない、

圧倒的なパワーを感じる」

と絶賛。

 

規格外の大型新人、誕生の予感!

 

永峰彰太郎(ながみね・しょうたろう)、この名前、要チェックです!

【2016年6月23日】

ひとことレビューその5~『彼女の母【連続狩り】 娘の悪魔彼氏に調教されて』天海佑人

『彼女の母【連続狩り】 娘の悪魔彼氏に調教されて』天海佑人

「彼女の母」は、

どうしてこんなに艶っぽく

見えるのだろうか。

 

脅され、犯られて、家を乗っ取られ・・・

 

「鬼畜彼氏」=悪魔大学生に狙われて、

骨の髄までしゃぶられる!

見慣れたリビングは、地獄に!
天海佑人(あまみ・ゆうと)の代表作
になるかもしれない、
「彼女の母」にこだわりぬいた、傑作です。

【2016年6月23日】

ひとことレビューその4~『初体験の家 熟母と年頃三姉妹』鷹山倫太郎

『初体験の家 熟母と年頃三姉妹』鷹山倫太郎 

「女三人寄れば姦しい(かしましい)とはよく言うが、

四人寄るならば何と言うのだろうか」(本文より)

 

帯に輝く「女、四つ」で構成された字

こんな漢字実在しませんが、まさにこんな物語です。

 

熟母・美弥子

OLの長女・律子(27)

水泳コーチの次女・夏希(24)

大学生の三女・亜美(19)

 

女薫ただよう、女だらけの家で、

少年はとことん溺れる!

 

誘惑小説のエース候補、

鷹山倫太郎(たかやま・りんたろう) 待望の第2作!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.