フランス書院編集部発

【2008年3月19日】

フランス書院文庫3月刊、ラインナップ

3月24日配本、フランス書院文庫のラインナップ。

1558『年上の同居人 三人のお姉さん』 弓月 誠
1559『レイプ客船 人妻と未亡人とセーラー服』 藤崎 玲
1560『彼女の母・彼女の妹 僕の危ない関係』 巽 飛呂彦
1561『上司の妻・部下の妻【力ずくの情交】』 相馬 哲生
1562『最高の贈り物 姉・叔母・義母』 新堂 麗太
1563『新妻と誘拐犯【密室の48日間】』 北都 凛

誘惑あり、凌辱あり、ハーレムあり、力ずくあり、タブーあり……
官能小説の百貨店 ――フランス書院文庫らしい六冊です。

【2008年3月11日】

フランス書院文庫3月刊、作家ラインナップ

3月24日発売 フランス書院文庫の作家ラインナップを発表します!

弓月誠、藤崎玲、巽飛呂彦、相馬哲生、新堂麗太、北都凛

 へ、編集長…これ、なにかの間違いじゃありませんか? だって、ここ1、2年で重版したことがある人気作家ばっかりじゃないですか……
 近年で最強のメンバーがそろったといっても過言ではない3月刊。
 いつもは1冊しか買わないお父さんも、今月は2冊買ってください!

【2008年3月10日】

あたしゃ疲れたよ

ようやくフランス書院文庫3月刊の進行も一段落。

T吾はエロビデオのサイトを真剣な眼差しで見てますが、
僕には、結城彩雨文庫(4月発売)があります。

仕事はつづくよ、どこまでも。
1日くらい休んで、鎌倉とか行きたい。。

先週の金曜日、結城彩雨文庫のイラストを受け取りに、
村山潤一先生にお会いしてきました。
イラスト、すごくいいですよ! 
とてもいいお尻のイラストです!
乞うご期待。

結城彩雨文庫は4月発売!
その前に、3月のフランス書院文庫もお忘れなく!
作家陣もまもなく発表です!

【2008年3月11日】

春満開?

今日は暑いですね。
聞いたところでは、東京は本日19゜Cとのことで、
平年で言えば6月下旬の涼しい日と同じくらい。
そりゃ暑いわけです。

この急激な気温の変化で、バテないためにも
元気の素、フランス書院文庫2月新刊を是非是非、
ご購読くださいませ。(M山)

1552『耽美に嬲られて 三人の令夫人』 綺羅光
1553『【年上研修】オフィスのお姉さまと僕』 櫻木充
1554『隣人三姉妹【痴漢飼育】』 檀光彦
1555『午後8時のレッスン 家庭教師・彩』 如月蓮
1556『二匹の義姉【美獣寝室】』 藤原創
1557『触診 悪魔の婦人科医』 嵐山鐵

【2008年3月7日】

ブックスローランフェア開催中!

新宿駅西口に、フランス書院文庫をはじめ、
官能小説をたくさん置いてくださっている書店があります。
その名も――ブックスローラン

編集者は言うまでもなく、作家さんたちも
よくこの書店に本を買いに行っているそうです。

現在、同書店において、
フランス書院文庫の”特別フェア”を開催中。
ベスト10帯を巻いた本が並んでいます。

ブックスローランには、
フランス書院文庫の既刊もかなり揃っているので、
この機会にぜひお立ち寄りください!

ブックスローラン
住所:東京都新宿区西新宿1丁目5-12

【2008年3月5日】

慌ただしい日々が…

 忙しいことを、さらに強調するように「忙しい」とこぼすのは、わざとらしくて性に合わないのですが、忙しいのは忙しいです。率直に申しまして……。
 しかも、面倒な案件が多いのに加えて、小生にとっては脅威である花粉の季節になってしまいました……。このネタ、毎年書いているような??? あ、ネタついでに、個人的には、A級順位戦よりもC2の結果に愕然……。
 さてさて、なかなか具体的に明かさない案件ですが、これからも明かすことはないでしょう。なぜなら、これは厳然たるトップシークレットだからです。恐らく、T吾やS夫が調子に乗って当欄に書こうものなら“一発レッド”ものでしょう。
 まあ、倒れない程度にやりますよ(意味深)(小生Yとしては、“受験生の味方”如月蓮“粘着質な密室凌辱”嵐山鐵がおすすめです)

【2008年3月5日】

フランス書院文庫最新刊 絶賛発売中!

2月25日配本になりました、フランス書院文庫の最新刊ラインナップです。

1552『耽美に嬲られて 三人の令夫人』 綺羅光
1553『【年上研修】オフィスのお姉さまと僕』 櫻木充
1554『隣人三姉妹【痴漢飼育】』 檀光彦
1555『午後8時のレッスン 家庭教師・彩』 如月蓮
1556『二匹の義姉【美獣寝室】』 藤原創
1557『触診 悪魔の婦人科医』 嵐山鐵

 寒さが和らいできたかと思えば、今度は花粉の猛威が! さらに、今年は黄砂も? 気候の変わり目にも効果があるフランス書院文庫をぜひ! 書店でもネットでも、皆様のライフスタイルに合わせてご利用くださいませ。

 

【2008年3月4日】

20080304 よくある誤解

先週の当欄で、体の衰えっぷりを告白した小生ですが、
そんな折り、ちょうど自宅近くにスポーツジムがオープン。
渡りに舟とばかりに入会を申し込んできました。

受付の担当者は、まだ十代ともおぼしき娘。
申込書の勤務先の欄に「株式会社フランス書院」とあるのを
見た彼女は、
「フランス書院ってフランスの本を出しているんですか?」
と無邪気にも訊いてきたのですが……。

どう答えたかは秘密です(笑)。(M山)

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.